小学校に入学する前に直しておきたいものの中に、箸の持ち方と鉛筆の持ち方があるとおもう。
小さいうちに直しておかないと大幅になってから直すのは途方もなく苦労する。


鉛筆や箸の持ち方と云うのは、クセや手先の器用さの具合にもよるとはおもう。
箸の持ち方が上手な子供は鉛筆の持ち方もキッチリとしている子供が少なくない。
日本人であるのであるから箸の持ち方はキッチリとただしくもつようにしつけたいのである。

またこれからは今まで以上に世界を相手にしていくような世界に成る可能性が有るので、こういった場所に行って間ちがった箸の持ち方をしていては恥をかいてしまう。
そうならない為にも、最低限箸の持ち方くらいはキッチリと教えてあげたいものだとおもう。


1つ持ち方が直ると、鉛筆やハサミの持ち方等も一緒によくなってくるのじゃないかと予測される。


小学校に入る時に直すと云うのは1つのきっかけに過ぎない。
タイミングがいいから、このタイミングでなければ直すのが難しそうだからと理由は何でもいいとおもう。
出きる限り間ちがった持ち方をしているお子様は直したほうが良いのじゃないかとおもう。


以上のような事は、強制的じゃないので無理つよいはしないし、保護者の方の考えの下行っていただければいいとはおもうが、どうしても直したいと云う方には補助器具のようなものもあるみたいのであるため、是が非でも使用してみてはどうかとおもう。
でもあまりこういった道具には頼り過ぎないようにしてほしい。



PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ