小学校に入学すると、給食が出たり、お弁当を持参したりとお昼ご飯を口にする時間と云うのが有る。
幼稚園や保育園でもこういった時間はあったかとおもうのであるがおもったより自由な感じだった。

小学校に入ると決定された時間内に食べなければならないのでざっくり30分を水準にして時間を設けている学校が殆どだとおもう。


昔は残す事をタブーとしたり、三角に食べなさいと云う三角食べをすすめていたりするような感じだったが今ではこういった事が無いようで、個人個人に合わせて口にしていけるよう配慮されているそうである。
なんか昔とはずいぶん変わった印象を受ける。


でも、今でも変わってないのは給食をおかわりするケースの場合は、全部口にした人からね。
と云うのがお約束みたいのである。


通常のお昼の時間は先生と生徒たちが教室で口にしているのが一般的であるが、コミュニケーションの一環として校長先生が一緒に教室で口にしたり、保護者の方を招いて一緒に口にしてみたりとイベント的な事もする学校があるそうである。


また昔の給食のイメージとはちがって、バイキング形式で口にする事が出きたりする給食とかメニューが豊富になったりとか本当に今の給食は美味しく出きているそうである。


給食は限られた時間の中で口にするようにしなければならない。
無理して急いで口にする必要はないのだが、遊びながら口にするようにしないよう時間配分をしながら口にするように学校に入学する前から練習しておいた方が良いかも知れない。



PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ