小学校に入学する前に準備しなければならない事の1つにトイレ問題が有る。
小学校に上がるのだからもうトイレの懸念はしなくて良いだろう。
と思いがちであるが、小学校に上がると幼稚園や保育園とは環境が変わる。

今までは自由に、行きたい時に[先生おしっこ]と云えたとおもうが、学校に上がって授業が開始するように成るとなかなかどうして言い出しにくい環境になってしまい、結果的に漏らしてしまった等と云う事態に成りかねない。


そうなってしまっては、いじめの元になったり不登校の元になったりしてしまう可能性も有る。


また、トイレには和式も洋式も有る。
どちらも1人で使用出きるようにしておかなければ困る事態に陥るケースの場合もでてくる。


学校側でもこういった対処方法としてトイレの使い方を描いたポスターをはったり、初めに使い方を解説したりと実行しているがまだまだ充分じゃないようである。


ご自身のお子さまがキッチリとトイレを使用する事が出きるかどうか、休み時間の間にキッチリとトイレに足を運ぶようにしておく事がでるかどうか、授業中に行きたくなったらガマンしすぎないで足を運ぶようにするとかキッチリと教えておく事が途方もなく肝心に成る。


こういったトイレにかんするお勉強としてお勧めなのが、[がっこうでトイレにいけるかな?]と云う絵本である。
この絵本は途方もなく把握出きやすく描かれており、キッチリと解説されているし和式便座の立ち部分まで記述しているので途方もなく勉強に成る。

是が非でも小学校に上がるまでにいっぺん子供に見せてみてはどうだろうか。



PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ