小学校に入学する前には就学時検診と云うのをやるのであるが、これは何の為に実践するのだろうか?あるところでは就学時検診の時に配られるプリントに[この検診で治療が必要なヶ所が把握出きたケースの場合には、入学するときまでに治す様にしてほしい]と云う意味の事が記述してあるようである。
勿論云ってる意味は把握出きるのであるが、それとなくちょっと[ん?]って思いたくなるような気持ちになる感覚が有る。


また本当かウソか把握できないが、就学時検診の時に受ける知能テストにかんしては障害があるかどうかを見定めるためと云う話があるようである。
これが本当ならそれとなく学校に対して嫌な感情をもってしまう。


でもこれも考えように拠っていい方向に考慮する事も出きる。
これは学校と子供、学校と親が知り合うきっかけに成るいいチャンスだと云う事と考慮してみてはどうだろうか。
突如[学校]と云うものに接触すると子供は敬遠してしまったりするかも知れない。
しかし、ちょっとだけでも気付いているとあるレベルの警戒心が消失して学校に足を運ぶ事が少し楽しくなるかも知れない
学校側もこういった生徒が入学してくるのだとあるレベルの心の準備が出きるように成るし、良い事だとおもう。


就学時検診と云うのは勿論体の悪いところを吟味する健康診察的なものも有るし、学校と云うものを気付くチャンスでも有る。
是が非でもエンジョイして心の準備として受けてみてはどうだろうか。



PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ