子供が小学校に入学するとなると何かと物入りになり、ランドセルを買い付けたり文房具を買い付けたりと入学に向けての準備をしていくとおもうが、子供の生活環境をアレンジしてあげる事も肝心だと云う事をおぼえておこう。


あまり実感した事はないかも知れないが、入学したての子供にとってたいへんな事と云ったら[登下校時に歩く事]じゃないかとおもう。


今までは幼稚園だと送迎バスがあったり、車で行ったり、歩くと云ってもお母様が絶対にかんしていたりとそのようなに歩く必要がなかった為に歩くと云う事になれていない。


であるから、我々大人からみるとたいした事がない距離でも入学したての子供から観てみると学校までの距離を歩くと云う事は以外とたいへんなのだと云う事みたいのであるためす。

勿論そのような状態は長くつづかないので慣れれば大丈夫であるためすが、慣れる前に子供が登下校自体嫌になってしまったらそれこそたいへのである
であるから、入学する前から小学校までの道のりを散歩するようにしたりして体力をつけさせてあげる事も途方もなく肝心に成る。


また歩くための靴もキッチリと選択してあげるようにすべきだ。
履きやすくて歩きやすいのがいいのである。


また子供の成長は早い為に靴も1年でサイズが変わっていく可能性が有る。
であるから子供が履きやすい靴のメーカー等は探し求めておくようにするといざと云う時に良いのかも知れない。


子供が小学校に入学する前にしておく事の1つとして体力つくりがあると云う事をおぼえておこう。



PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ