動物病院の中でも重要なのは夜間も診察してくれる救急動物病院である。
しかしながら、日本全国にこの種類の動物病院があるわけじゃないのだ。
自身のペットの具合が悪いと云う事だけで救急動物病院を活用するべきじゃないのだ。
日中のうちに、近くの動物病院に連れて足を運ぶ事が肝心である。
救急動物病院があるとしても、スタッフは限られており、充分な設部がないのが現状である。
本当に今治療しなければ、たいへんな事に成る動物だけを対処するべきであるためす。
勿論、飼い主にそこまでの知識を求めるのは無理と云うものである。
その為には、日頃からペットと密に接触する事が肝心である。
えさの食べ方やトイレの状態等観察しておく事である。
日常とちがうと実感したら、注意深く様子を観よう。
さて、福岡に出きた救急動物病院の例を挙げてみるべきだ。
夜間を専門としている。
日中の動物病院が閉まってる時間帯の対応だけを考慮しているからである。
救急医療のみが対象であるから、ワクチンの予防接種等は実践しない。
勿論、入院も出きない。
重傷で酸素吸入等が必要なケースの場合は飼い主の付き添いに拠って、朝まで活用する事が出きる。
其れから、動物をかわいがる事は良いのであるが、自身のペットでもない動物を動物病院に連れてくる人がいる。
病院は慈善事業じゃないだろうから、獣ドクターも対応に戸惑ってしまう。
ペットを捨てる人にも責任が有るが、安易な気持ちで動物を助けるべきじゃないのである。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ