動物病院のドクターは獣ドクターである。
この獣ドクターになったいとおもう人もいるだろう。
獣ドクターに成るにはどのような勉強をすれば良いのだろうか。
単に動物が好きだと云うだけでは動物病院に努める事は出きても、獣ドクターに成る事は出きないのである。
まず、獣ドクターのための大学として、獣医学を就学できる大学に行かなければならない。
そして、農林水産省が実施する獣ドクター国家試験に合格するのである。
これで獣ドクター免許を取得する事に成る。
通常のドクターと同じく獣ドクターの免許がなければ、飼育動物を診察したり、治療をしたりする事は出きない。
獣ドクターの免許がないのに動物医とかペット医を名乗ってはいけない事に為ってる。
獣ドクターの活動する場としては、動物病院に勤務する事が一般的と思われがちであるが、それは全体の半分レベルに過ぎない。
これ以外の獣ドクターはどこで活動しているのだろうか。
産業動物臨床獣ドクターと呼称される人達がいる。
農協協同組合等に勤務して、殊更に畜産農家の動物を往診する。
また、ワクチン接種や消毒等伝染病予防の指導も重要な任務である。
近頃は鳥インフルエンザにみられるように、伝染病の広がり方が早いのであるから、獣ドクターの仕事も重要度を増しているのである。
また、競馬場や動物園、水族館等にも獣ドクターが勤務している。
要するに、動物がいるところには獣ドクターがいると考慮してよいだろう。
勿論、その職場毎に獣ドクターの需要度合いがちがいますから、免許をもってるからと云って絶対に熱望する仕事につけるわけじゃないのだ。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ