人間の病気の事でも、把握できる事が出きない事が少なくないのであるから、動物の病気にかんしてはもっと把握できる事が出きないだろう。
しかしながら、自身のペットが苦しんでいる時に、何らかの対応が出きるようにしたいものである。
動物病院のホームページ等には動物の病気にかんする情報が掲載されている。
勿論、動物病院に連れて足を運ぶ事も良いのであるが、まず最初は飼い主が症状をただしく観る事が肝心である。
まず、下痢をしているケースの場合である。
急に下痢状態となるケースが殆どである。
懸念する必要のない事なのかを決断する事がポイントである。
まず、下痢の中に血が混じってないかを観る。
犬のケースの場合は直腸から出血する事も少なくないのであるから、血が混じっていたとしても懸念する事はないのだ。
暫く(しばらく)して、留まれば問題ないのだ。
また、下痢の時の食事は人間のケースの場合を考慮してみれば良いだろう。
消化によいもの、充分な水分補給が肝心である。
最初は通常のウンチで、途中から下痢に成るケースの場合も有る。
動物病院に連れて足を運ぶ時には、いつごろから、どのくらいの頻度で、どのような下痢をしているのかをメモしておこう。
動物病院で詳しく解説する事が出きれば、あるレベルの診察材料となるからである。
下痢と同じ原因で嘔吐するケースの場合が有る。
下痢も嘔吐も体内から異物を排出しようとするメカニズムである。
嘔吐で気持ちがスッキリする事は人間でも有る。
其の後、何事もないように元気に成るのであれば、懸念する事はないだろう。
しかしながら、何日も嘔吐がつづくようであれば、動物病院に連れて足を運ぶ方が良いのかも知れない。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ