動物病院の治療は基本的に飼い主からの依頼による。
飼い主が自身のペットの様子がおかしいと実感して、動物病院に連れてくるのである。
時には飼い主ではなく野生の動物が運び込まれる事も有る。
このような事は珍しくはないのだが、動物病院にとってはむずかしい対応である。
勿論、治療は出きるのであるが、その費用を何者が払うかとか、治療した後はどうするかが曖昧だからである。
野生動物の命を助ける事は、命と云うものを考慮する上で途方もなく大きな問題である。
ペットでも野生の動物でも命の重さは同じである。
時には人間の命にも比較出きるものだろう。
子供たちに命の肝心さを教える時には、動物を例にする事が把握出きやすいかも知れない。
道端で事故に遭って命を落としている、動物たちを見掛ける事が有る。
かわいそうだとおもっても、何もしてやれる事はないのである。
動物病院の獣医やスタッフは動物が好きである。
助かる命ならば、なんとしてでも助けたいとおもう事だろう。
貴方ならどうするか。
野生の動物が道端で瀕死状態の時である。
動物病院に連れて足を運ぶか。
お金を出してあげたいとおもうか。
24時間オープンしている動物病院は決しておおくないのだ。
動物病院をキープしていくのは、簡単な事じゃないのである。
ペットを肝心にして、幸せな時間を過ごす事は、人間にとっても、ペットにとっても悪い事じゃないのだ。
そして、ペットが野生化しないように気を付ける事も飼い主の任務であるためす。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ