犬を飼う時にはしつけが肝心である。
外国のケースの場合は子犬を飼いはじめてから、初めにする事はドッグトレーニングスクールの申し込みだそうである。
しつけ教室が当たり前と為ってるのである。
近頃では動物病院でしつけを指導してくれるところが増大して来た。
犬のしつけにかんして動物病院の一例で解説しよう。
しつけ教室は専門のドッグトレーナーによる講習会である。
必要に応じて個人レッスンもオープンされている。
日本では動物病院でわざわざしつけを学習している人はおおくはないかも知れない。
しかしながら、本からの知識だけでは間ちがったしつけ方になる事が少なくないようであるから、注意して欲しい。
犬のケースの場合は誕生してすぐから、しつけるのが良いと云われている。
生後4か月くらいまでであれば、パピーパーティーに入る。
そしてしつけ教室は初期のパピークラスである。
時間は45分間で、歯磨きの仕方、お手入れの仕方、遊ばせる時の注意等基本的な事を飼い主が学習する。
それほどむずかしい事じゃないのだが、1度聴いておく事で、家でしつける時に容量が把握可能に成る。
初めて動物病院に連れて足を運ぶ時は無料の子犬クラブが有る。
30分のセミナーであるが、子犬のしつけにかんする基本事項の解説が有る。
動物はしつけをしなければ、やってよい事と悪い事の分類がつかない。
充分なしつけがなされていないケースの場合には、問題行動を起こしてしまうケースの場合も有る。
隣近隣へ迷惑をかける事にも成りかねない。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ