札幌の動物病院ではペットの健康管理の為に1日ドックを実行しているところが有る。
これは人間ドックと同じような考えである。
体の異常がないかを1日かけて吟味するのである。
飼い主が毎日世話をしていても、病気に為ってるかどうかは把握出きない。
ましてや、動物がおのれから異常を訴える事も出きないのである。
継続的な診察を受ける事で体調管理をする事が出きるのである。
病気であれば早目に発見する事も出きるし、肥満等の生活習慣病を防ぐ事が出きる。
ペットの食事の変化に拠って、近年はペットの生活習慣病が問題と為ってる。
飼い主が甘やかしているわけじゃないのだが、興味ないうちに病気に為ってるのである。
検査当日の注意が有る。
朝ごはんはあたえない。
水だけは飲ませて問題ない。
午前中の診察時間に連れてくるようにしよう。
其れから、うんちやおしっこを検査するから、当日の分があれば持参しよう。
検査項目は人間のケースの場合と殆ど同じである。
血液検査に拠って、内臓の機能やコレステロール、血糖値等を測定する。
其れから、胸部、腹部のレントゲンをとる。
熱望すれば超音波検査を受ける事が出きるが、追加料金が必要である。
そして、心電図である。
病院のスタッフはこのような検査を手際よくやってくれる。
ペットが暴れたりする事はないだろう。
1日ドックは予約制である。
事前に申し込みが必要である。
動物病院の重要度が高まってきたのは、ペットに対する考え方が変わってきたからかも知れない。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ