日本における動物病院のこれからにかんして考慮してみるべきだ。
動物病院の展望を観る時に、これまでの変遷を気付く事が肝心である。
動物病院はどんどん近代化しており、その設備の充実には目覚ましいものが有る。
その他方で、動物病院間の格差が拡大していると云われている。
病院の二極化である。
大規模動物病院と小規模動物病院に分類されてきた。
中途ハンパに設備を入れるよりも、殆ど設備を導入しないか、充実した設備にするかである。
設備の内容に拠って、料金も二極化する事に成る。
また、動物病院の収益も二極化しているのである。
大都市圏ではこの風潮が顕著に為ってる。
其れから、女性獣ドクターの増加が目立ってきた。
半数以上が女性で占められているのである。
本来、動物の世話をするのは女性の方が得意としているのかも知れない。
勿論、開業医としての女性の数はまだおおくはないのであるが、これから増大する事は間ちがいないのだ。
地方に於いては開業医を目指す人が増大している。
小規模の動物病院は増大しているのである。
大規模動物病院に勤務する獣ドクターたちの待遇が悪い事がその原因として挙げられている。
また、動物病院の任務として、時間外の緊急診察の度合いが増している事である。
それは社会の要請が増大している事を示している。
動物病院の競争の一つとしても考慮してよいだろう。
獣ドクター等のスタッフのキープが問題となる。
ペットの数が増大してきたのは、ペットを飼う事が出きる住宅が増大してきた事が大きな原因だろう。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ