動物病院にかんするトラブルを敬遠する為に気付いておかなければならない事が有る。
まず、動物病院でおきるトラブルのおおくは治療時の解説不足である。
獣ドクターは充分解説したとおもっていても、飼い主が把握していないケースの場合も有る。
人間の病院のケースの場合と同じように、動物病院でも獣ドクターと飼い主の間に上下関係のような意識が実在するのである。
獣ドクターの解説が悪かったと、後になって訴えるのではなく、飼い主ができる限り積極的に解説を聞こうとする態度も重要である。
獣ドクターだけに責任を押し付ける事は間ちがってるのである。
ペットホテルや動物病院への入院は気楽に活用するためのものじゃないのだ。
飼い主の利便性を求めてはいけないのである。
ペットを家族のように実感しているのであれば、他所に預ける事は敬遠したいとおもうのじゃないだろうか。
動物は自身の気持ちを解説する事が出きない。
興味ないうちに、ストレスという心理的負荷と為ってる事も少なくないのである。
病気になった時には手術が必要なケースの場合もあるだろう。
全く危険度のない手術はないのだ。
獣ドクターがそれを解説する事は当然であるが、飼い主もその自覚をもっておかなければならない。
近頃の安易なペットブームは憂慮すべき問題だと考慮されている。
ペットを人間の都合で隷属させている事に他ならないからである。
人間が他の動物よりも偉いと考慮してはいけない。
家族のように世話をして実行しているとしても、その立場は変わらないからである。
動物病院の乱立もその問題に拍車をかけているかも知れない。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ