日記のカテゴリ記事一覧

旬な話題のカタルシスでは、医療や美容、芸能とテレビ、スポーツや 政治経済などジャンルを問わずいろいろな話題をお届けしています。

カテゴリ:日記

≪CFP 試験≫危険度と保険について

危険度と保険は、CFPのための試験の1科目であり、ライフプラン全般を通して不可欠な要素である。

危険度マネジメントは、我々を取り巻く多種多様な危険度を分析・評価に拠って、危険度の重要度や危険度を顧客に気付いてもらう事である。

そして、防災計画を立てたり保険を活用する方法を考慮して、企業や家庭の損害回避や被害が生起したケースの場合、その損害を最小限に食い留める対策を立てなければならない。


損害保険は、自然災害や自動車事故、損害賠償等等、思いもよらない災害が生起するケースの場合に備え、災害の懸念を実感している人達がお金を積み立て、誰かが災害に見舞われた時に、その積み立てたお金で損害を補償する制度である。

この制度に拠って、損害に準備して莫大な資金を用意しなくても、万が一の時わずかな負担で大きな安心を得られるのである。


生命保険は、人に生死に対して一定の金額を支出する保険の契約である。

日本の2006年の生命保険世帯加入率は87.5%で、1世帯当たり4.2件、振り込み保険料は年52.6万円で、1ヶ月当たり4万4千円支出している事になり、途方もなくの高額である。

しかし、その反面、自身がどのような生命保険に加入しているのか、保険の内容を把握していない人が大半である。

その保険が、定期保険なのか、終身保険なのか、保証金額はいくらなのか、何歳までの保障があるのか、特約はどのようなものがあるのか等、CFPは生命保険の知識を取得し、顧客のライフプランを尊重した保障計画を実行出きるようにしなければならない。


保険がどのようなもので、どのような種類があるのかを気付く事は、試験に臨むためだけでなく、顧客や自身の幸せに為にも肝心な知識である。





[PR]
  • ブルーレーベル・バーバリーと女子高生
  • レッドペッパー デニムジーンズ通販の売れ筋
  • リチウムオムの通販情報
  • ヴァンドーム青山のネックレス、結婚指輪
  • NTTドコモ(docomo)プリペイドカード携帯電話の秘密

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫タックスプランニングについて

    タックスプラニングでは、所得税、個人住民税、個人事業税、法人税、法人住民税、法人事業税、消費税、国外所得と資産にかかる税金、ライフプランにかかる税金、収入形態とそれにおける税金、税金にかんする近頃の動向におきる情報収集等が、CFPとして、そして試験に出題される内容として気付いておくべき事である。

    所得税に於いては、10種類の所得の範囲、具体的な計算方法を把握していなければならない。

    そして人的控除と物的控除とがある所得控除の種類や金額等の把握が必要である。

    年末アレンジや確定申告等で、必要な所得控除をしておかなければ、その年の所得税だけでなく、翌年の住民税額にも影響してく。

    そして、所得税の確定申告手続き、還付手続き方法の把握も必要である。

    青色申告と白色申告のちがいや修正申告や、その申告書や貼付書類にかんしても気付いておかねばならない。


    個人にかかる税金だけでなく、法人にかかる税金にかんしての知識も必要となる。

    法人税のしくみだけでなく、会社法の知識、法人の決算書の詠みこなしと解説等もできなければならない。


    消費税に於いても、課税対象、納税義務者や納税地、申告や納付の期限等の知識も必要である。


    不動産賃貸経営者・ドクター・農家等職業に拠ってちがう収入形態における税金のあり方の知識も肝心である。


    ライフプランに於いては、就職・自動車購入に拠っておきる税金の把握、病気になったときの医療費控除、出産費用や児童手当に対する税金の扱い、住宅借入金等特別控除等特例にかんしての把握、障害者に対する所得控除・マル優制度等の知識も肝心である。


    CFPとしても、生活者としても税金の知識は、切っても切り離せない。

    試験のためだけでなく、お金を適切に活用する為に税金の知識をガッツリ身につけてほしい。





    [PR]
  • ウォーキング用便利グッズでダイエットする方法
  • ウォーキングダイエットの効果
  • 加圧ジムをやっている有名芸能人
  • 加圧トレーニングの口コミ、短所や料金
  • くわばたりえのコアリズムダイエットの効果

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫相続・事業承継設計とは?

    CFPに成るための試験で出題される6科目の中の1つが、相続・事業承継設計である。

    相続・事業承継設計は、リタイアメントプランと平行した広範囲のライフプラン設計となる。

    顧客の財産の継承等に重点を置き、顧客が落ち着いて生活を送り、経済的な懸念や人間関係における懸念を取り除く事を目的としたプラニングをする事に成る。

    その為、顧客本人のライフプランだけでなく、後継者のライフプランも念頭に於いて、プラニングを考慮する必要が有る。

    残される者の生活設計、殊更に配偶者の生活基盤の確保が重要に成る。

    事業継承のプラニングに於いて、顧客の安心の実現のため、分割対策、納税資金対策、節税対策等必要な施策を実行する事に成る。


    相続・事業承継設計では、相続税・贈与税に限らず、民法、商法、金融、不動産、税務、保険、資産運用等基礎知識から総合的な知識の活用方法を気付いておかねばならない。

    相続・事業承継設計はファイナンシャル・プラニングに於いて、一番包括的な知識が必要な科目と云えるだろう。


    相続・事業承継設計では、相続の基本を気付いておかねばならない。

    相続人の範囲、相続人が複数のケースの場合の取得割合である相続分、肉親間の争いを避け、残された者が円満に生活を送る為に、生前からの贈与の対策や遺言書の作成にかんしての知識も必要となってく。


    CFPに成るための学習・試験を通じて、相続や事業承継とはどのような事で、どのような手続きがあるのかをガッツリと学習しておいてほしい。





    [PR]
  • ゴルフメジャーと優勝した日本人
  • ブログ製本がお勧めの理由
  • セルティック中村俊輔を100倍エンジョイする方法
  • 花火大会を100倍エンジョイする方法
  • バレエ教室の選び方

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫青色申告制度とは?

    所得税の申告には、白色申告と青色申告が有る。

    青色申告制度は、一定の帳簿書類をアレンジして自主的にただしい申告をしようとする人に対し、一定の特典を設けているので、この制度を選定すると所得の計算に於いて有利な扱いを受ける事が出きる。

    原則として、青色申告では、確定申告の際、貸借対照表、損益計算書、及びこれらの所得金額の計算明細書(青色申告決算書)を貼付しなければならない。


    青色申告の出きる対象者は、事業所得、不動産所得、山林所得を生じる業務を実践する人で、非居住者のケースの場合は業務を国内に於いて実践する人である。

    青色申告の承認を受けようとするケースの場合、青色申告の承認申請手続きが必要である。


    承認申請書の提出時期は、青色申告をする年の3月15日までである。

    その年の1月16日以後に、新たに事業を開始、もしくは、不動産の貸付けをしたケースの場合は、事業開始等の日から2ヶ月以内の提出が必要である。

    相続に拠って事業を承継したケースの場合、相続開始を気付いた日(亡くなった日)の時期に応じ、おのおの以下の期間内に提出する事となる。

    ・他界の日がその年の1月1日~8月31日・・・他界の日から4か月以内
    ・他界の日がその年の9月1日~10月31日・・・その年の12月31日まで
    ・他界の日がその年の11月1日~12月31日・・・その年の翌年の2月15日まで
    提出期限が土・日・祝日等に成るケースの場合には、上記の日の明くる日が期限となる。


    青色申告の承認申請手続きには、手数料は不必要である。


    青色申告の記帳は、年末に貸借対照表と損益計算書の作成が出きるような正規の簿記による記帳が原則である。

    しかし、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿への簡易な記帳だけでも可能である。

    上記の帳簿、及び書類等は、7年間保存が義務付けられている。


    青色申告をすると、特別控除が受けられるので、活用すると大きな節税の出きる制度である。

    CFPに成ると試験での問題だけでなく、現実にCFP自身が活用する可能性の大きな制度と云える。

    試験の勉強等でガッツリと制度を把握して、CFPとしての仕事や税金の申告に活用して欲しいものである。





    [PR]
  • 子供(こども)用の長靴専門店でかわいいブランド品をゲット
  • adidasの人気サンダルはこれだ!
  • 靴流通センターのネット通販にかんして
  • カラースキニーのパンツ・デニム・ジーンズ
  • ショートパンツコーディネートと着こなし術

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫青色申告の特典とは?

    青色申告には、何種類かの特典が有る。


    ・青色申告特別控除
    不動産所得と事業所得を生じる青色申告者は、正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)に基づいた貸借対照表と、損益計算書を確定申告書に貼付して提出する事で、これらの所得に対して最高65万円が控除される。

    この控除は、不動産所得・事業所得の順である。


    それ以外の青色申告者と、山林所得の青色申告者は10万円の控除となる。

    こちらの控除は、不動産所得、事業所得、山林所得の順である。


    ・青色事業専従者給与
    青色事業専従者とは、生計を一にする配偶者、もしくはこれ以外親族で、その年の12月31日現状15歳以上、その年を通じて6ヶ月を超越する期間、青色申告者の事業に従事しなければならない。

    青色事業専従者給与は、労務の対価として適正な金額ならば必要経費として認めれる。

    ただし、給与の支払いを受けた青色事業専従者は、控除対象配偶者・扶養親族にはなれない。

    また、青色事業専従者給与として認められる為には、青色事業専従者給与にかんする届出書を提出しなければならない。

    その提出期限は、給与を支出する年の3月15日(1月16日以後、新たに事業をはじめたケースの場合、もしくは新たに専従者がいる事になったケースの場合、その日から2か月以内)までと為ってる。


    これ以外にも、青色申告には純損失の繰越しと繰戻し他、多種多様な優遇措置が有る。


    CFPに成るための試験には、このような青色申告のケースの場合の税金の計算等が出題されている。

    制度を活用して、顧客に満足してもらえるような提案をする為に必要な知識の1つでも有る。

    試験の勉強を通じて、知識や情報を活かし、是が非でも立派なCFPを目指してほしい。





    [PR]
  • JALパックで人気の高い観光地
  • ユナイテッドマイレージの特典や海外旅行
  • グランドハイアットバリの口コミや旅行記
  • リムジンチャーターとハワイ挙式、セルリアンブルー沖縄と料金
  • イーストボーイ通販と女子高生のスクールバッグ

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫税制改正にかんして

    税制は毎年、改正が有る。

    税制改正は、CFPに成るための試験でも出題されやすいので、税制が改正されたケースの場合、その内容、計算方法を熟知しておかねばならない。


    平成19年分以後の所得税は改正されている。

    課税所得195万円未満が税率5%で、課税所得の額に応じて1,800万円以上最高40%と6段階に為ってる。

    個人住民税は平成20年より平成19年の課税所得に対して一律10%と為ってる。

    この改正に伴い、定率減税は廃止されたのだ。


    地震保険料の控除は平成19年の所得税、平成20年の個人住民税より、それまでの損害保険料控除に変わり、創設されたのだ。

    損害保険料控除は、平成18年12月31日までに契約した長期損害保険契約以外は廃止されている。


    地震保険料控除は、所得税では保険料・掛金の全額で最高5万円まで、個人住民税では、保険料・掛金の1/2の金額で最高2.5万円まで控除される。


    平成18年12月31日までに契約した長期損害保険契約での控除は、それまでの損害保険料控除を活用するが、控除金額は地震保険料との合計で、所得税5万円まで、個人住民税2.5万円までとなる。


    また、平成20年には、住宅取得資金における相続時精算課税制度の特例の期限が2年延長されて平成21年12月31日までと為ってる。

    これは、住宅取得等の資金を親から贈与を受けたケースの場合、一定の要件を満たしていれば非課税限度額が相続時精算課税制度の限度額2,500万円に1,000万円上乗せされ、3,500万円まで非課税となる特例である。


    CFPはこのような税制改正をガッツリ把握しておかなければならない。

    試験に出題されやすいと云うだけでなく、個人の生活にかかってくる事でもあるので、ただしい情報を得る事が肝心である。





    [PR]
  • ラフォーレ琵琶湖の口コミ
  • 九州の日帰り温泉の価格相場、食事付きプラン
  • 格安な高速バスで九州から出発
  • 熊本県阿蘇のファームランドの口コミや評価
  • 沖縄県のリゾートホテルベルパライソの口コミや評価

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫多重債務問題について

    CFPは多重債務や自己破産にかんして基本的は知識を持ち、そうならないための、及び、そうなってしまったケースの場合の基本的な対応策をアドバイスできなければならない。


    多重債務者とは5ヶ理由上のクレジット会社や消費者金融からお金を借りている人を指し、その人数は約230万人と云われている。

    このような多重債務問題の対策として、平成18年12月、貸金業法が改正、公布されたのだ。

    このおかげで、公布から概ね3年を水準に利息規制法と出資法の金利の差、いわゆる上限29.2%のグレーゾーン金利が廃止され、出資法金利が利息規制法と同じ15~18%に引き下げられる事になった。

    そして、施行前におおくのクレジット会社や消費者金融が、利息規制法に沿った金利に変更している。

    また、借り手は年収の1/3以上を借りる事はできなくなった。


    この法改正に拠って、上限金利が下がったものの、お金を借りられなくなった人がヤミ金の被害に合う危険性も大幅になり、CFPにもただしい知識が求められていると云えるだろう。


    まず気付いておいて欲しい制度の1つは、生活福祉資金貸付制度である。

    これは、低所得世帯等が落ち着いた生活を営む目的で設けられた制度で、低所得、障がい者、高齢者世帯に無利子、もしくは低金利で資金を貸し付けるものである。

    高校や大学等への足を運ぶための就学資金や、療養費・介護費用等は無利子で借りれる。

    また、住宅資金等も低金利で借りる事が出きる。

    申し込みは、居住地の社会福祉協議会である。


    また、多重債務の整理方法には、個人版民事再生(個人債務者更生手続き)、任意整理、特定調停、自己破産等が有る。


    試験の合格のためだけでなく、おおくの人がお金の問題で困らないよう、情報を提供し援助出きる事がCFPにも求められている。

    多重債務だけでなく、支払い可能な住宅ローン等を提案出きるよう、試験の勉強と同時に知識をガッツリと身につけてほしい。





    [PR]
  • オムロンコーリンの人気の医療機器はフォルムと血圧計
  • オムロンの人気販売品は万歩計やタイマー、婦人体温計やリミットスイッチ
  • キャンプや介護用品、褥瘡(床ずれ)予防にエアマット
  • 液晶テレビの口コミ
  • ヘリコプターの価格とラジコン、ロビンソン等

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫預金保険制度について

    CFPには金融機関が経営破綻したケースの場合に準備して、ペイオフにかんしての対話も有る。

    ここでは、預金保険制度にかんして解説する。


    預金保険制度の対象となる金融機関は、銀行(日本国内に本店がある)、信用金庫、信用組合、信金中央金庫、全国信用協同組合連合会、労働金庫、労働金庫連合会である。

    農業協同組合、漁業協同組合、水産加工協同組合、信用事業を実践する協同組合の連合会や農林中央金庫の扱う貯金等は、預金保険制度に類似した農水産業協同組合貯金保険制度が対応している。


    金融機関が破綻したケースの場合、預金保険機構による預金者保護の方法は、資金援助方式とペイオフ方式が有る。

    資金援助方式は、健全な金融機関が預金保険機構からの資金援助を得て営業を引き継ぐ方式、ペイオフは預金者に保険金を直接支出する方式である。

    この2つの方式のうち、資金援助方式が優先されて、ペイオフ方式は出きるだけ回避する人向に為ってる。

    資金援助方式では、預金の支払いや受入、貸付、決済等が引き続き別の金融機関に引き継がれる事に為ってるが、ペイオフ方式では、預金はもどってくるものの、サービスは活用できなくなる。


    預金保険の対象となる預金は、通常預金や定期預金等で、対象とならないものは、外貨預金、元本補填契約のないヒット等金銭信託等である。

    また、預金者保護の範囲は、金利のつかない決済用預金は全額保護、一般預金等は元本1,000万円とその利息となる。


    顧客と対話された時に、そして試験に合格する為にも、ガッツリとおぼえておこう。

    元本1,000万円とは同一の金融機関の金融製品の合算で、複数の支店の預金があるケースの場合はその合計である。

    金融の仕組みを把握する事は、CFPとして肝心な事である。

    それを踏まえ、試験に臨んでほしい。





    [PR]
  • 歯のホワイトニングの値段と口コミ
  • 歯列矯正の費用と料金体系、医療費控除
  • 歯のインプラント費用と素材の値段の関係
  • レーザー歯科治療の費用や特別料金
  • エナメル質形成不全症の原因と治療

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫投資信託の仕組みとは?

    CFPには投資信託の知識も必要である。


    投資信託は多種多様の種類の株式や債券を組み合わせた製品である。

    おおくの投資家から集めた大きな資金で収益性の高い証券等に専門家が分散投資をして運用し、その収益を投資額の割合に応じて投資家に還元する製品である。

    投資信託の販売は、証券会社、投信委託会社だけでなく、銀行、生命保険会社、損害保険会社等多種多様な金融機関が扱ってる。


    投資信託を運用対象で分類すると、公社債投資信託と株式投資信託に分類される。

    公社債投資信託は、国債は社債等安定性の高い公社債を中心に運用されている。

    株式は一切合財組み込まれない製品である。

    他方、株式投資信託は一定限度内で株式を組み込んで運用する。


    購入時期や信託期間での分類では、追加型(オープン型)と単位型(ユニット型)に分類される。

    追加型はどのような時であっても購入・換金が出きて、信託期間が定められていない。

    中期国債ファンドやMMFは、追加型の公社債投資信託である。

    単位型は信託期間が設定されており、購入は募集期間だけに限られている。

    単位型は、製品性が同一のものを毎月募集する定時型と、適時募集するスポット型に分類される。


    これ以外にも、国内か海外で、国内投資信託と外国投資信託にも分類されるし、収益の分配方法では、毎決算日から5営業日以降に収益分配金が支出される分配型と、満期時や途中換金時に一括で分配金が支出される無分配型にも分類される。

    投資信託は種類がおおく、製品性を見定めなければならない。

    CFPは、こういった具合に種類もおおく複雑な金融製品の知識も必要である。

    ガッツリ学習して、試験に臨んでほしい。

    試験のための学習だけでなく、顧客や自身が金融製品を選択する時に絶対に役に立つはずである。





    [PR]
  • 三井ダイレクト損保の評判や口コミなど
  • 住宅ローンシミュレーションと年収や借り換えのこと
  • 探偵ライフサポート調査室と前田吟さん、興信所、女性専用ダイヤルのこと
  • 猫よけグッズの植物のハーブ、薬、超音波、ペットボトルのことも
  • のし表書きの書き方の見本とマナー

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫追加型株式投資信託の分類について

    どのような時であっても購入・換金でき、一定限度内で株式を組み込んで運用する追加型株式投資信託(オープン型投信)には、以下のようなものが有る。

    CFPとして、どのようなものがあるのかをおぼえておこう。


    ・国内株式型
    株式組み入れ限度70%以上の投資信託。

    国内株式を中心に分散投資するもの。


    ・国際株式型
    株式組み入れ限度70%以上の投資信託。

    外国株式を中心に分散投資するもの。


    ・釣り合い型
    株式組み入れ限度70%未満の投資信託。

    株式・公社債等の釣り合い運用、もしくは公社債中心の運用を実践するもの。


    ・転換社債型
    株式組み入れ限度30%以下の投資信託。

    主として転換社債に投資するもの。

    投資対象は国内・外国を問いない。


    ・インデックス型
    株式組み入れ規制を設けず、日経225や東証株価指数等指数(インデックス)に連動する運用成果を目指すもの。


    ・業種別インデックス型
    株式組み入れ限度70%以上の投資信託。

    建設・不動産・医薬品・食品等、おのおのの業種に属する株式に投資するもの。


    ・派生製品型
    派生製品(先物、オプション取引等)をなるべく積極的に活用する投資信託。

    ヘッジ(為替や債権等、相場の変動での損失を防ぐ行為)目的以外に用いるもの。


    ・ファンド・オブ・ファンズ
    他の投資信託に投資するもの。


    投資信託の知識は試験の範囲であるだけでなく、CFPが顧客からのよく尋ねられる対話の1つである。

    投資信託の種類や手数料負担にかんして等を基礎的な知識として、試験の勉強等でガッツリと身につけておこう。





    [PR]
  • ミッシーボーテのコースの時間と料金
  • ヤフービューティーとクレンジングオイル、美容室、コスメやダイエット
  • シールを使用したシンプルな押し花ネイルの作り方
  • 化粧品原料の基準値や成分
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京の会社概要やプロミネンス、ビアガーデン

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫債権の格付けについて

    投資信託等の金融製品を選択する際に格付けが指標として使用されている。

    格付けは、格付機関が金融機関や企業、政府、自治体等の発行体にかんして債務の支払い能力等を評価するものである。

    格付けは金融機関等の発行体の健全性を決断する1つの材料として役立つ。

    格付けのメリットは、決算書等の財務資料を詠みこなさなくても、おもったより容易に金融機関の健全性が決断出きる事である。

    また、複数の金融機関の格付けを集めたランキング表で、金融機関同士の健全性の比較も出きる。


    格付けは健全性にかんして、アルファベット等把握出きやすい記号で判定している。

    格付投資情報センター(R&I)では、信用度の高い順に、AAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、となる。

    AAAは信用度が一番高いもの、Cだと、債権の回収が殆ど見込めない債務不履行状態に陥ってると云うものである。

    格付機関は、他には、スタンダード&プアーズ(S&P)、日本格付調査所(JCR)、ムーディーズ・ジャパン(Moody's Japan)等が有る。


    格付けの評価はあくまで格付け機関が1つの意見として述べているため、絶対的な判定じゃないのだ。

    あくまで、水準となる1つの材料として認識しておかなければならない。


    CFPへの対話で、この格付けとは何かを尋ねられる事が有るので、ガッツリとおぼえておこう。

    格付機関のホームページの活用で、リアルタイムで情報を得る事も出きる。

    試験のためだけでなく、顧客や自身の為に、情報を活用し、顧客が安心出きる回答が出きるようにしておくのが肝心である。

    金融製品にかんしてガッツリと知識を身に付け、試験に臨み、CFPとして是が非でも活動してほしい。





    [PR]
  • 吉祥寺のイタリアンレストランの料理やレシピ
  • 母の日・父の日におすすめ 京都おかき
  • 京都の食事グルメと料理、ランチ
  • 手作り弁当袋の作り方
  • カゴメ野菜生活の激安通販やキャンペーン

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫ふるさと納税とは?

    平成20年度の税制改正の1つで、地方公共団体に対する寄付金税制が改善された。

    いわゆる、[ふるさと納税]である。


    個人住民税の寄付金控除の対象に、所得税での寄付金控除対象となる寄付金(国、政党等に対する政治活動にかんするものを除く)のうち、地域における住民の福祉増進に寄与するものとして、都道府県・市区町村が条例に拠って指定したものが追加され、控除の対象寄付金が拡大される。

    現状の寄付金の所得控除方式を税額控除方式に変更し、対象寄付金の控除率は都道府県が条例に拠って指定した寄付金は道府県民税は4%、市町村のケースの場合は市町村税は6%、おのおの控除され、都道府県と市区町村両方指定の寄付金はの合計10%の控除率となる。

    寄付金控除の控除限度額が総所得金額の現行25%から、30%に引上げれる。

    寄付金控除の下限が現行の10万円より、5千円に引き下げれる。


    また、地方公共団体に対する寄付金のうち活用下限額を超越する部分にかんしては、一定の限度まで所得税と合わせて全額控除となる。


    この税制改正の活用は、平成21年度分以後の個人住民税からとなる。

    寄付金控除を受ける為には、寄付した団体の領収書等を貼付し、申告しなければならない。


    このような、税制改正にかんしては試験にもでてくる可能性が有る。

    そしてCFPとして、このような質問に答えられるようにしておこう。

    試験の合格のため、そしてCFPとして最新の情報を得るように常にこころがけておかなければならない。





    [PR]
  • ヒルトン小田原リゾート&スパの口コミ(クチコミ)や評価
  • カーフェリーの航路と料金
  • アルトナとプロイセン、ナチスドイツ、カールライネッケ
  • カンタベリー物語、大主教座
  • スーツケースのサイズや大きさの選び方

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫相続税について

    CFPの試験では、相続・事業承継設計と云う科目があるので、相続税にかんしてもガッツリとおぼえておかなければならない。

    相続税は、これまでの税制改正や地価の下落に拠って、相続税を負担しなければならないケースは5%レベルである。


    相続税には基礎控除があり、5,000万円+1,000万円×法定相続人数が、相続財産から控除される。

    また、墓地や仏具の購入費、葬式費用、国・地方公共団体・特定公益法人への寄付、生命保険金の内500万円x法定相続人数、他界退職金の内500万円x法定相続人数が非課税となり、相続財産としての計算には入らない。

    債務は相続財産から差し引く事が出きる。

    相続財産から基礎控除額を超越すると相続税がかかるので、被相続人が亡くなった事を気付いた日から10ヶ月以内に、相続税の申告及び納税が必要となる。


    法定相続人の人数は、相続を放棄した人がいても計算上にはその人も数にプラスして計算する。

    被相続人に養子がいるケースの場合は、実子がいるケースの場合は1人、実子がいないケースの場合は2人を法定相続人の数にプラスする。


    また、配偶者には低減制度があり、現実にもらった遺産が1億6千万円・法定相続相当額のどちらか少なくない金額まで、相続税はかからない事に為ってる。

    この配偶者控除を受ける為には申告が必要に成る。


    相続にかんする知識は試験で出題されるだけでなく、CFPとして残った遺族の生活の為に知らないとならない知識の内の1つであるためである。





    [PR]
  • プカポンはカネボウフーズの粉末駄菓子だ
  • 相続税の税率計算と基礎控除、贈与税
  • 固定資産税の計算方法と評価額計算の仕方
  • 税源移譲と住民税還付・住宅ローン控除
  • 一時所得扱いの税率と役員退職金

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫法定相続人について

    相続税の計算にもでてくる法定相続人とは、誰を指すのかをCFPの知識として気付いておこう。

    試験にも相続税の計算が出題されている。


    相続人の範囲は民法で決定されている。

    他界した人の配偶者は常に相続人である。

    ただし、内縁関係の人のケースの場合は相続人に含有されない。

    配偶者以外の人は、下記の順で相続人となる。


    ・第1順位
    他界した人の子供。

    その子供が既に他界しているケースの場合は、その子の子供や孫等の直系卑属が相続人となる。

    子供も孫もいるケースの場合は、子供の方を優先する。


    ・第2順位
    他界した人の父母や祖父母等の直系尊属が相続人となる。

    父母も祖父母もいるケースの場合は、父母を優先する。

    第2順位の人が相続人に成るのは、第1順位の人がいないケースの場合である。


    ・第3順位
    他界した人の兄弟姉妹。

    兄弟姉妹が亡く為ってるケースの場合は、その兄弟姉妹の子供が相続人に成る。

    第3順位の人が相続人に成るのは第1順位、第2順位の人がいないケースの場合である。


    相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとみなされる。

    しかし、相続税の控除では、法定相続人として計算式に入れるので注意が必要である。

    例を挙げると、亡くなった人に配偶者と子供2人、亡くなった人の両親、兄弟がいたケースの場合は、民法の規定では配偶者と子供に相続権があるので、相続税の基礎控除は5,000万円+1,000万円x3(配偶者と子供2人)=8,000万円となるのである。

    つまり、相続した資産が8,000万円までなら相続税を支出する必要はないと云う事に成る。


    あくまで、民法での規定であるため、現実はこの通りに相続しなければいけないと云う訳じゃないのだが、試験でも控除計算では必要となる知識であるので、ガッツリおぼえておこう。

    CFPとして、おぼえる範囲は広いのであるが、それだけおおくの知識を必要とする資格であると云える。





    [PR]
  • <カカクドットコムとは?>
  • DVDとCDのライティング(コピー)フリーソフト、バックアップ
  • <リカバリディスクの作成方法>
  • <リモートデスクトップの設定方法>
  • WEBで作成出きる無料のアンケートcgi

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫法定相続分の計算について

    相続人が複数いるケースの場合、おのおのの相続人の相続財産の割合を相続分と云う。

    各相続人の相続分は遺言で定める事が出きる(指定相続分)が、遺言による指定のないケースの場合には、民法で定められた相続分に拠って相続する(法定相続分)。

    試験にも出題されているので、CFPの知識としてガッツリおぼえておこう。


    1.配偶者と子供が相続人のケースの場合
    配偶者が相続財産の1/2、子供が残りの財産の1/2となる。

    子供が複数いるケースの場合には、この1/2を均等に相続する。

    つまり、配偶者と子供2人のケースの場合、相続する財産は、配偶者が1/2、子供2人がおのおの1/4ずつとなる。

    子供が先に亡く為っていて、孫等代襲相続人のケースの場合は、本来子供が受けるはずだった相続分と同じ分の相続となる。


    2.配偶者と直系尊属(被相続人の両親等)が相続人のケースの場合
    配偶者が相続財産の2/3、直系尊属が残りの1/3である。

    同じ直系尊属が数人いるケースの場合は、この1/3を均等に分ける。


    3.配偶者と兄弟姉妹が相続人
    配偶者が相続財産の3/4、兄弟姉妹が残りの1/4である。

    このケースの場合も兄弟姉妹が複数のケースの場合は、1/4を均等に相続する。


    4.嫡出子、非嫡出子
    非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2である。


    5.全血と半血の兄弟姉妹の相続分
    父母の他方を同じとする兄弟姉妹(半血)は、父母の両方を同じとする兄弟姉妹(全血)の1/2となる。


    こういった具合に、法による相続分は複雑で、相続人の組み合わせで法定相続分はちがうため、試験に際しても、これからのCFPの仕事に際してもガッツリとおぼえよう。





    [PR]
  • aiuの留学保険とワーキングホリデー、海外旅行傷害保険
  • オーロラを鑑賞・見学する観光ツアー
  • <JAL超割とは?>JAL超割の割引チケットは実に安い金額だしお得なサービス
  • カンボジアのお土産
  • エジプト旅行記

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫成年後見制度とは?

    認知症の高齢者や知的障害者が、高額リフォームの次々販売等劣悪商法の被害にあう事例が増大している。

    本来、適合性の原則により、通常の決断が出きない人が行った契約は無効であるが、決断力が低下していたと云う証明がむずかしい事が問題に為ってる。

    このような事例を防ぐ為にも、CFPになろうとする人にも気付いておいて欲しいのが成年後見制度である。


    成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度が有る。

    法定後見制度では、下記の3タイプの人を後見・補佐・補助する。


    ・成年被後見人
    成年被後見人は、自身のしている事を把握する能力を常に欠き、家庭裁判所の審判を受けた者である。

    成年被後見人は、日用品の購入等少額取引以外で、成年後見人の同意を得ても契約は出きない。


    ・被保佐人
    自身のしている事を把握する能力が著しく不充分で、家庭裁判所の審判を受けた者である。

    被保佐人は、一般的な取引は出きるが、重要な財産にかんした行為のケースの場合には保佐人の同意が必要である。


    ・被補助人
    自身のしている事を把握する能力が不充分で、家庭裁判所の審判を受けた者である。

    被補助人は家庭裁判所で補助の範囲を決定させる。

    そして、被補助人は特定の契約をするケースの場合、例を挙げると、土地売買にかんする件が補助の対象ならば、その契約にかんしては補助人の同意が必要に成る。


    また、決断力が充分なうちに、任意後見制度を活用して成年後見人を決定させておき、決断力が不充分になった時に後見をスタートさせる事も出きる。

    高齢者の財産を守る為に、試験への出題の有無には関係なくCFPとして気付いておき、活用したい制度の1つである。

    試験に合格しても、知識や情報を常に吸収していくよう、心掛けてほしい。





    [PR]
  • ナイキのサングラスの評価とメリット、デメリット等
  • バッグのショルダーストラップの販売情報
  • アディダスのエナメルバッグの種類
  • ベビードールの子供服を通販でゲット!
  • オフィスサンダルの売れ筋とは?

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫サブプライムローン問題について

    CFPは、経済状況の流れを熟知して資金計画を提案しなくてはならない。


    サブプライムローン問題は、世界の金融全体を揺るがす問題となった。

    サブプライムローンとは、何なのだろうか。


    サブプライムローンはアメリカにおける低所得者(サブプライム層)が、低所得でもマイホームを所有出きるよう初めは低い金利で貸し出したローンである。

    段階的に金利は高くなるが、住宅市場拡大により買い付けた住宅の価値がアップし、その住宅を担保に安いローンに借りかえる事で、ローンの支払いが可能と云う設定で造られているのである。

    しかし、住宅の価格の下落と共に、高い金利も払えなくなる、と云う事態になった。

    また、このサブプライムローンは証券化され、金融製品の一部として組み込まれる事に拠って、その製品は全世界に広まる事になり、ローンの滞りがそのままローンの貸し手だけでなく金融社会全体の問題へと発展した。

    このサブブライムローン問題で、資金は国債等のおもったより安全な製品や、価格アップが見込まれる原油等の先物製品へと流れるようになった。

    これが物価高を招き、世界中でまた新たな問題と為ってるのである。


    CFPは、このような経済状況を把握した上で、アドバイスをしなければならない。

    試験では、近頃の経済や社会問題等も出題されているし、製品の知識だけでなく社会や経済の流れをよくつかんでいなくてはならない。

    試験のための知識だけではなく、ガッツリと世の中の流れを見つめる力もCFPは必要とされているのである。





    [PR]
  • ミッシーボーテのコースの時間と料金
  • ヤフービューティーとクレンジングオイル、美容室、コスメやダイエット
  • シールを使用したシンプルな押し花ネイルの作り方
  • 化粧品原料の基準値や成分
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京の会社概要やプロミネンス、ビアガーデン

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫国債について

    サブプライムローンに端を発した株式相場の下落により、より落ち着いた国債等公社債に資金が流れている。

    CFPとして、危険度の多くはない債券である国債や地方債にかんしてどのようなものがあるのか気付いておく必要が有る。


    国内債券には、国債や地方債等公共債、社債等が有る。

    社債は発行自体が少なく、どのような時であっても購入出きるとは限らず、個人が買い付けやすい債券は公共債と云う事に成る。

    ここでは、国債にかんして解説すべきだ。


    国が必要な資金調達の為に発行する債券である。

    償還期間(満期)に拠って一般的に国債は、1年以内のものが短期国債、2~4年は中期国債、5~10年は長期国債、10年以上は超長期国債と呼称されている。

    発行されている国債の大半は10年物長期国債で、この金利が日本の他の住宅ローン等の金利に影響をおよぼする。

    割引国債以外の国債の利子は、半年に1度支出される。

    元本は満期時の償還となる。

    半年に1度、利子が支出される国債には、固定利付型と変動利付型が有る。


    固定利付債には、満期が2・5・10・20・30・40年の固定利付国債、5年固定型個人向け国債が有る。

    変動利付債には、満期が15年の変動利付国債、10年変動型個人向け国債、これ以外には、元本が変動する満期が10年で個人で保有出きない物価連動国債が有る。

    割引国債もまた、個人では保有出きない。


    CFPの知識として、試験の勉強としてだけでなく、顧客への提案の為にもガッツリと仕組み等をおぼえておこう。

    そして、試験に合格出きるよう、頑張って情報収集や勉強に励んでほしい。





    [PR]
  • バランスボールの使い方や値段等
  • ヒルズダイエットの感想と評価
  • 渋谷にあるヨガ教室の口コミ
  • 池袋にあるヨガ教室の口コミ
  • 沖縄パッケージと地域限定パッケージ等

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫個人向け国債と新窓販国債とは?

    個人向け国債は、CFPとしての知識として気付いておかなければならない金融製品の1つである。

    個人向け国債は、購入対象者を個人だけに限定した国債である。

    1万円から1万円単位で購入出きる個人で保有のしやすい価格と為ってる。


    個人向け国債は、5年固定型と10年変動型の2種類である。

    毎年4回、1・4・7・10月の発行である。

    2008年7月発行分は、5年固定型の金利は年1.22%、10年変動型は年1.00%である。

    10年変動型の金利は半年ごとに改善されるので、金利アップ局面では有利な製品と云える。

    利払いは半年に1回である。


    5年固定型は、発行から2年経過すればどのような時であっても中途解約が可能である。

    ただし、換金金額は、額面金額+経過利子相当額―4回分の利子(税引き前)x0.8となる。

    10年変動型は発行から1年経過で中途解約が可能に成る。

    換金金額は、額面金額+経過利子相当額―直前2回分の利子(税引き前)x0.8である。


    また、平成19年10月より、新しい窓口販売方式による新窓販国債が開始した。

    この国債には購入対象者の規制がないので、法人やマンションの管理組合でも購入が可能である。

    新窓販国債は2年、5年、10年の固定金利型の3種類があり、毎月発行される。

    購入は5万円以上、5万円単位である。

    2008年7月発行分は、2年は年0.9%、5年は年1.5%、10年は1.8%である。

    新窓販国債は発行日から初回の利払日までが、ピッタリと半年にはならない。

    その為購入時には、半年に満たない分の利子相当額を、払い込まなくてはならない。

    初回の利払日には、振り込んだ利子相当額を包括した半年分の利子を受け取る仕組みと為ってるので注意が必要である。

    中途換金はどのような時であっても出きるが、そのケースの場合には売却益もしくは売却損が生起する。


    ひとくちに国債と云っても多種多様な種類が有る。

    CFPの知識として、新しい製品も含めおぼえておこう。

    新しい製品や改正等は試験に出題されやすい風潮が有る。

    試験にも出題される可能性も考慮して、最新の情報を得るように心掛けてほしい。





    [PR]
  • 冠婚葬祭の服装マナー
  • 電動車いすのカタログ・価格・補助金等
  • レース糸の激安通販について
  • クロネコヤマトのメール便速達とその料金
  • 修正テープの仕組みとはがし方

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫MRFとMMFとは?

    投資は元本の保証がないのだ。

    その中でも、どのような製品が危険度が多くはないのかと云う知識は、試験に合格するうえでも、CFPとしても必要である。


    MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は、証券総合口座専用の投資信託で流動性と安全性を確保するため、高格付けの公社債等短期金融製品で運用され、株式には投資されない。

    MRFは証券会社に口座を開設する際にMRFの申し込みをするか選定するケースの場合や、自動的にMRFの申し込みがされているケースの場合が有る。

    MRFは1円以上1円単位でどのような時であっても申し込みが可能で、申し込み手数料はかからない。

    信託期間は無期限で、解約も手数料なしで自由に出きる。

    元本保証はないのだが、元本割れの危険度が少なく、銀行の通常預金よりも利回りは高めである。

    2008年6月25日現状の野村MRFの年換算利回りは0.380%、ダイワMRFは0.413%である。


    MMF(マネー・マネージメント・ファンド)は、中・長期公社債を中心に運用する投資信託で、こちらも元本割れが少なく、利回りもMRFよりも若干高めである。

    MRF同様、購入は1円以上1円単位であるが、販売会社に拠ってはこの方法での購入が出きないケースの場合も有る。

    購入から30日未満までの換金には信託財産留保額と云う手数料がかかる。

    2008年6月25日現状の野村MMFの年換算利回りは0.500%、ダイワMMFは0.532%である。


    証券会社に口座をオープンする際に、このような危険度の多くはない製品から投資をはじめてみるのも、投資の第1歩の1つの方法である。

    CFPとして、投資製品にはどのようなものがあるのか、危険度がどのようなものなのかを吟味しておかなければならない。

    製品の特徴点をガッツリと把握して、試験に臨んでほしい。





    [PR]
  • サイバーFXの評判
  • 円ドル換金出きる場所
  • 円レートと海外通貨、為替、予測
  • ソフトウェアの経費処理と期間費用の金額
  • ソニー学資保険が大評判の秘密

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫遺言書について

    CFPの試験の1科目でもある相続・事業承継設計では、遺言(いごん)書の作成の知識も必要となる。


    遺言書は意思能力があり、満15歳以上ならば単独で作成する事が出きる。

    また、成年被後見人でも、2人以上のドクター立会いの下で、単独で適切な遺言をする事が可能である。


    遺言の方式には、以下の3つが有る。


    1.自筆証書遺言
    遺言者が日付・氏名を包括した全文を自身で書き、押印(認印・拇印も適切)したものである。

    口述筆記したものや、録画や録音の遺言は法律では認められていないので、遺言としての効力をもたない。

    簡単で無効にはならないが、遺言書が法に乗っ取ったものでなく無効になったり、内容が不完璧なため相続人間で紛争がおきる可能性が有る。


    2.秘密証書遺言
    遺言者が遺言内容を記載した証書に署名押印して、その証書を封じ、証書に押印した印鑑で封印する。

    このケースの場合は、口述筆記やパソコン等で作成したもので構わない。

    遺言者が公証人1人と証人2人以上の前で封書を提出する。

    内容を秘密にして確実に保存されるが、費用はかかる。


    3.公正証書遺言
    証人2人以上の立会いで、遺言者が遺言の内容を公証人に口述して公証人がこれを筆記する。

    そして、これを遺言者と証人によんで聞かせて、筆記が正確である事を確認した後、署名・押印する。

    費用もかかり、内容も把握出きてしまうが、確実に保存される。

    遺言原本が保管されるので遺言書の偽造等の危険がないのだ。


    なお、証人には、未成年者や推定相続人や、受遺者及びその配偶者・直系血族はなれない。


    CFPはこのような遺言書の知識も必要である。

    残された人が困らないようにする知識が、CFPには肝心であるためである。

    試験としての知識としておぼえるだけでなく、顧客のためをおもってガッツリと把握しておいてほしい。





    [PR]
  • 糖尿病の食事療法!
  • 冷え性の改善方法
  • 後期高齢者医療保険制度とは?
  • 予防医学とは?
  • 歯列矯正の治療費や料金

  • カテゴリ
    タグ

    ≪CFP 試験≫社会保障制度について

    社会変化や少子高齢化等で社会保障制度は改正されてきた。

    平成19年度の年金制度改革では、70歳以上の会社に勤めている人の老齢厚生年金改正、65歳時点の老齢厚生年金改正、遺族厚生年金制度の見直し、離婚時の厚生年金分割制度導入、本人からの申し出で年金を受け取らない事が可能、国民年金保険料額改定が決定されたのだ。


    70歳以上で厚生年金活用の事業所に勤めているケースの場合、老齢厚生年金と賃金合計が月48万円を超越すると老齢厚生年金の全額もしくは一部支給ストップとなる。

    また、65歳以上の人の老齢基礎年金及び老齢厚生年金は全額支給であるが、遺族厚生年金は老齢厚生年金との差額分のみ支給となった。

    離婚したケースの場合には、婚姻期間中の厚生年金納付記録を当事者間で合意したケースの場合、分割出きるようになった。

    国民年金の保険料は平成20年度(平成20年4月~平成21年3月)は月14,410円で、平成29年度まで毎年度引上げられて最終16,900円に成る予定である。


    年金制度だけでなく、医療、保険、介護、社会福祉、児童手当等社会保障制度全体が大幅に変化をつづけている。

    経済低迷と少子高齢化進展と云う状況のなかで、国も給付の見直しをして、それに伴い個人負担額が増えつつ有る。

    しかし、高齢者介護や子育て支援と云った需要は高まっており、これに適切に答える社会保障制度の確立が求められている。

    生活に直結する社会保障制度が変化する中、生活設計をする事は、生活設計に見直しや点検が必要とされると云う事である。


    CFPは、このような変化を気付いてライフプランを提案しなければならない。

    試験にも、社会状況にかんする問題も出題されている。

    社会状況を詠み取って、顧客に安心を授けられるよう、ガッツリと学習して試験に臨み、CFPとして歩んで欲しいと願を掛ける。





    [PR]
  • 冠婚葬祭の服装マナー
  • 電動車いすのカタログ・価格・補助金等
  • レース糸の激安通販について
  • クロネコヤマトのメール便速達とその料金
  • 修正テープの仕組みとはがし方

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の必要性・・・パート1

    日常の我々の生活は、将来にわたって平穏無事であるとは言い切れない。

    突如の災害や事故、病気等で一家の大黒柱である人が病気で働けなくなったり、他界したりしてしまう可能性も有る。

    このような時に絶対に生じる経済的な危機をカバーしてくれるものが生命保険である。

    生命保険に入らず、万が一の備えとして貯金を蓄えておくと云う方法も有るが、その万が一の事態が生じてしまった時に必要な金額まで達していなかったら意味がないのだ。

    必要な医療費用や生活費用をまかなう事が出きないのである。


    しかし、生命保険であれば万が一の事態が生じてしまった時に必要な金額を支出してもらう事が可能となる。

    生命保険は本来相互扶助制度として開始した。

    相互扶助制度とはおおくの人が金銭を出し合い、その中の誰かが病気や事故であるため金銭的な危機に直面した時に共同の資金から必要なお金を給付すると云うものである。


    将来への備えとしてどんな生命保険に加入すれば良いのだろうか。

    万が一の事態が生じてしまった時、保険に入っていなかったり、入っていても保険金が不足していたりすると役にたたない。

    多種多様な種類の保険に加入していれば安心であるが、保険料が途方もなく高価なものとなるためたいへのである。


    生命保険は住宅に次ぐ大きな買い物であると云われている。

    月々の保険料を将来にわたって何10年も払いつづける事を考慮すると、保険料の合計は相当な金額に成るはずである。


    生命保険のただしい知識を得て、将来設計に見合った保険を選定する必要があるようである。





    [PR]
  • ダブルフリルの人気製品について
  • 紳士の帽子が大評判の理由
  • プーマゴルフの人気製品とは?
  • 吉田カバンのポーターショルダーバッグはフリースタイル、ヒートが評判
  • ユニクロのコラボTシャツはデザインが良くて人気

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の必要性・・・パート2

    生命保険は万が一の事態が生じてしまった時の保障となるものであるが、決して安い買い物じゃないのだ。

    日本における生命保険の世帯加入率は90パーセントを超越すると云われている。

    殆どの世帯は生命保険に入ってる事に成る。


    生命保険の中には貯蓄機能の付いた製品も販売されているが、本来の目的は経済的な危機に対する保障を買い付ける事に有る。

    おおくの生命保険会社の主力製品は[定期付き終身保険]と云う生命保険である。

    この保険における定期部分は掛け捨てに成る。

    例を挙げると、20歳代で[定期付き終身保険]に入り、60歳で払い完結出きるまで、定期部分の保険料は数百万円から一千万以上となる。

    勿論、ユーザーは掛け捨てと云ってもただお金を捨てているのではなく、この期間の経済的な保障を買い付けていると云う事に成る。


    金額から決断すると車以上に大きな買い物であると云える。

    しかし、おおくの人が自身の入ってる保険にかんしてよく把握していないのが現状である。

    将来、どんな保障が必要であるのかを充分に吟味しないまま、保険会社の外交員に勧められた保険に入ってる人が少なくないようである。


    自身の年齢や将来の家族構成等をよく吟味して、自身のライフプランに合った生命保険を選定する必要が有る。

    住宅や車に匹敵する大きな買い物であるからこそ、安易に買い付けてしまってはいけない。

    数百万円から一千万円以上もする大きな買い物であるので、他人任せにしておくわけにはいかないのだ。





    [PR]
  • バランスボールの使い方や値段等
  • ヒルズダイエットの感想と評価
  • 渋谷にあるヨガ教室の口コミ
  • 池袋にあるヨガ教室の口コミ
  • 沖縄パッケージと地域限定パッケージ等

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険を自由に設計しよう

    人に拠って必要としている生命保険はちがう。

    年齢や家族構成、将来設計がちがうため、必要とする生命保険もちがってくるのがあたり前である。

    生命保険にかかる費用は決して安いものじゃないのなので、余分な支出を制御する為にも自身に必要とおもわれる保障プランを立ててみてはどうだろうか。

    生命保険会社では、多種多様な特約をメインの保障に付けたパッケージ製品を販売している。

    生命保険を選定する際に、これらのパッケージ製品を何種類か比較吟味して選定する事も1つの方法である。

    しかし、この中に自身のライフプランに合った製品がなければ、パッケージ製品ではなく別々の保険に単体で入る事も出きる。

    勿論、保険の種類に拠って生命保険会社を変えてみるのも良いだろう。


    パッケージ型の生命保険に加入済みの人も、必要でない特約を削除したり、必要な特約をプラスしたりする事により自身のライフスタイルに接近させていく事も可能である。

    例を挙げると、大きな保障が必要でないのであれば定期特約の金額を減らしてみるのも良いのかも知れない。

    このような事を実践する為には、まず自身のライフスタイルと将来に対する設計が必要となってく。

    将来どのくらいの保障が必要となってくるのか、必要となる保障の内容と金額を自身で考慮してみる必要が有る。

    少々面倒くさいところであるが、生命保険とは本来そのくらいの手間をかけて加入するべきものなのかも知れない。

    将来、万が一の事態が生起して慌てない為にも、多種多様なポイントから生命保険を考慮してみるべきだろう。





    [PR]
  • ナイキのサングラスの評価とメリット、デメリット等
  • バッグのショルダーストラップの販売情報
  • アディダスのエナメルバッグの種類
  • ベビードールの子供服を通販でゲット!
  • オフィスサンダルの売れ筋とは?

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険のタイプについて

    生命保険会社から多種多様な種類の生命保険が販売されている。

    生命保険の種類があまりにもおおく、どの生命保険を選定したら良いのか決断が出きない、と云う人は少なくないとおもう。

    しかし、生命保険をタイプ別に分けてみると他界保険、生存保険、生死混合保険の3種類しかないのだ。


    他界保険とは、被保険者が高度障害になったり、他界したりした時に保険金が支出されるものである。

    他界保険は遺族の生活保障を目的として加入する保険である。

    その為、満期に成るまで生存していたとしても満期保険金はないのだが、保険に拠っては満期給付金がでるタイプも有る。


    生存保険とは、満期まで生存する事を大前提とした保険である。

    この保険は貯蓄性を重要視したもので、貯蓄保険、個人年金保険と呼称されるものはこのタイプの保険となる。

    月々の保険料を積み立てて満期に成ると満期保険金がでる事に成る。

    被保険者が他界したケースの場合、他界給付金としてそれまでに払い込んだ保険料を同額レベルのお金を受け取る事が出きる。


    生死混合保険は他界保険と生存保険を合わせたタイプの保険となる。

    満期まで生存すれば満期保険金が出るし、途中で被保険者が他界すれば他界保険金が出る。

    養老保険と呼称される保険がこのタイプの保険になってく。


    これらのタイプは生命保険の主契約部分と呼称される基礎となる部分で、これらに多種多様なオプションをプラスしていく。

    プラスしたオプションを特約と呼び、主契約と特約の組み合わせによりおおくの保険が製品化されているのである。





    [PR]
  • 軽量自転車のライト・サドル等の部品やパーツの激安・格安通販
  • ティファールアイロンの口コミと価格比較
  • デジタルカメラのプリント方法
  • ドコモの機種変更の価格表、違約料金等
  • ドコモの料金プラン一覧を比較してみた

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫保障重要視の生命保険とは?

    生命保険のうち、保障重要視の生命保険は他界保険であるが、他界保険にも終身保険、定期保険、定期付き終身保険と呼称されるタイプが有る。


    終身保険は保険期間が終身であるため、保障は一生涯つづく。

    絶対に保険金が支出されるタイプの保険であるため、保険料は他の生命保険に比較すると割高なものとなる。

    満期になったとしても満期保険金はないのだが、一生涯にわたって他界保障がつづくばっかりでなく、解約返戻金も貯蓄性の高いものと為ってるのがこの保険の特徴点である。

    将来、子供が独立して他界保障が必要なくなれば、保険を解約して解約返戻金を老後資金に充てる事も出きる。

    終身保険の保険料払い込み期間完結後は、他界保障を継続する、解約返戻金を受け取る、介護保険に移行すると云う選択肢があるのも長所であるとおもう。


    定期保険は保険期間が10年間や15年間、もしくは60歳までと云うようにある一定期間に限って保障すると云うタイプの保険となる。

    解約したとしても解約返戻金が支出されるタイプじゃないので、一般的に掛け捨て保険とも云われている。

    安い保険料で大きな保障を得たいのであれば定期保険がおすすめである。

    他界保障だけを目的とした生命保険であるため、貯蓄性はないのだが終身保険や養老保険等に比較すると保険料は割安なものと為ってる。

    しかし、短所としては解約返戻金がない、更新型であれば更新ごとに保険料がアップしていく、等が挙げられる。


    定期つき終身保険とは、終身保険に定期保険を特約として上乗せしたもので、ある一定期間に限って大型の保障を付けたタイプの保険である。





    [PR]
  • サボイ(savoy)のバッグ通販とショルダーやトート
  • アディダスエナメルバッグのショルダー、トート
  • ポールスミスのインターネット通販と偽物情報
  • cherエコバックの通販や購入方法、ピンク、梨花
  • cherの通販の人気製品:水着、靴、シューズ、パンプスなど

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の注意点とは?

    数おおくある生命保険のうち、1番よく普及しているものは[定期付き終身保険]と呼称される生命保険である。

    1番よく普及している割に誤解も少なくない生命保険であるとも云われている。


    定期付き終身保険とは、主契約となる終身保険に特約として定期保険を上乗せして大型の保障をしようとするものである。

    子供が小さいうち等の一定期間の他界保障を定期保険で大型のものとし、子供が独立した後は主契約の終身保険で他界保障を確保しようとするものである。

    ここで注意しなければならないのは、ここで云う[定期]とは[定期貯金]の[定期]と同じ意味じゃない、と云う事である。


    定期保険の保険期間中に他界すると、終身保険と定期保険の2つの保険から保険金が支出される事に成る。

    しかし、保険期間が過ぎると終身保険分しか保険金はでない。

    おおくの人がこの部分をよく把握しないで[定期付き終身保険]に加入しているようである。


    30倍型の保険金が3000万円となる[定期付き終身保険]に入ったとする。

    この時、主契約となる終身保険は100万円で、残りの2900万円は定期保険となる。

    定期保険が適切となるのは保険料払い込み満了時となるので、保険料が払い込み完了すると同時に補償額が30分の1になるのである。

    3000万円の保険に入ったつもりでも、実は100万円だったと云うのでは後悔する事に成る。

    大型保障と云っても、保障してくれる期間は限られており、このような意味で[定期]保険と呼称されている。

    大型保障は一生涯つづかないのである。





    [PR]
  • ホンダCB1000の最高速や種類、走行性能等
  • オイルエレメントの交換時期や適合表、品番や価格(値段)、販売店等
  • ホンダ オデッセイRBの改造用のカスタムパーツ
  • カローラフィールダーの評価と口コミ
  • スズキのグラストラッカーとビッグボーイの評価等

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の特約にかんして

    生命保険の主契約にかんして、保障の足りない部分をフォローするものとして特約と云うものが有る。

    生命保険に加入している人のおおくは特約もオプションとして付けているのじゃないだろうか。

    保障を厚くしたり、保障の幅を拡大させたりする際には適切な方法で自身のライフスタイルに合った保険を作成する事が可能となる。

    特約は思ったより安い保険料で入る事が出きる事が特徴点の1つとして挙げられる。

    主契約の保険に割り増し料金を払うレベルで加入出きるのである。

    ただし、特約はあくまでも主契約の生命保険をフォローするものであるため、何種類かの注意点が有る。

    まず、主契約の保険完結後に特約だけを継続して継続できないと云う事が有る。

    主契約の保険期間が完結してしまうと、特約も自動的に完結してしまう。

    例を挙げると、60歳までの定期保険に医療保険を特約として付けたタイプの保険では、60歳に成ると医療保険も完結してしまうのである。

    また、単体の保険として保障を買い付けるケースの場合よりも保障の上限が低いケースの場合も有るので注意が必要である。

    そして、特約のおおくが掛け捨ての保険であると云う事である。


    医療保険のような途中でなくなると困ってしまうタイプの保険を特約として選びたいケースの場合、定期保険に医療特約を付加する事は敬遠したほうがよさそうである。

    このようなケースの場合は、終身保険に医療特約を付加して、特約期間が終身まで更新出きるようにしておくといいとおもう。

    医療特約では保障内容が懸念であるならば、特約ではなく保障内容が充実している単体の医療保険に入るのはどうだろうか。





    [PR]
  • 中学受験の塾選びとアンケート
  • ペイントマーカーの使い方と通販について
  • ミニバスケットのルールと全国大会など
  • 絵カードと自閉症や失語症、発達障害
  • 学校イラストのフリー素材を無料ダウンロードする

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険と医療保険の関係

    生命保険に医療保険を特約で追加する人はおおくいるが、将来にわたって医療費に懸念のある人は単体の医療保険に加入してみてはどうだろうか。

    生命保険の主契約とは別に単独型の医療保険に加入するのである。

    保険料は高めであるが、主契約の生命保険とは関係なく、単独で継続出きるばっかりでなく、特約よりも保障内容が厚くなる。

    医療費用の本人負担の割合が増加しましが、これからも少子高齢化のもとで現役世代の負担割合が増大していくと予測されている。

    このような背景があるので、医療保険さ近頃注目されてきている。


    自営業やフリーター、将来独立する予定のある人等、公的な医療保障の足りない部分を自身でフォローする必要のある人にも医療保険はおすすめである。

    このような人は若いうちから医療保険に加入した方が良いようである。

    なぜなら、若いうちから医療保険に加入する事により、将来の負担が軽くなるからである。


    また、60歳以降に医療保障の無い人も医療保険に加入した方が良いだろう。

    医療特約を生命保険や養老保険に付加している人は、60歳になって保険期間が完結すると同時に医療保障も紛失してしまうからである。


    夫の生命保険だけで保障を得ている専業主婦にかんしても医療保険はおすすめである。

    配偶者への給付金は本人の60パーセントに制御されてしまう事から保障が低くなりがちであるので、出きれば自身専用の保険に加入した方が良いようである。

    夫に万が一の事があり、保険金が100パーセント支出される事になったケースの場合、妻への保障も消失してしまうからである。





    [PR]
  • ネイルサロンを池袋で探す!
  • プロピア ヘアコンタクトの効果と特徴、値段など
  • 結婚式、女性と男性(メンズ)に役立つヘアースタイルカタログ
  • ヘアースタイルメンズ版のカラーや最新トレンド、パーマやショート
  • まつげパーマ液の人気商材と薬事法

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険で貯蓄する方法とは?

    養老保険は他界保険に貯蓄機能がついた生命保険で、生死混合保険と呼称されるものである。

    この生命保険の特徴点は老後の資金を貯蓄と他界保険を兼ねたところに有る。

    早く亡くなる人が多かった明治時代から昭和30年代にかけて主流であった生命保険である。

    結核や赤痢等で若い人であっても早く亡くなる可能性があった時代では、人気のあった生命保険であったようである。

    現状では医療技術等が成長し、平均寿命が延びているため、長生きしたケースの場合の危険度に対する終身保険や個人年金保険等に主役の座を奪われてしまった。

    しかし、保険と貯金が同時に出きる事から根つよい人気がある事も事実である。

    貯金と保障が同時にでき、[満期までに解約してしまうと元本割れしてしまう]事から、満期まで強制的に貯金したい人にはおすすめの保険じゃないだろうか。

    養老保険は満期まで生存していれば[満期保険金]が支出される。

    仮に保障期間中に他界してしまうと[他界保険金]が支出される事に成る。

    この時の満期保険金と他界保険金は同額に成る。

    養老保険は解約返戻金が少なくない分だけ、他界保険としては保険料が割高になる。

    その為、他界保険だけを目的にしたい人は、養老保険でなく単体の他界保険に加入した方が良いかも知れない。

    ある一定期間だけ他界保険の付いた[定期付き養老保険]と云う製品も発売されているようである。

    しかし、定期付き養老保険の他界保障は、通常の養老保険よりも割安になってしまい、貯蓄性は通常の養老保険よりも劣ると云う短所も有る。





    [PR]
  • 国内新婚旅行がお勧めの理由と人気観光地
  • JR新幹線の格安往復チケットを買う裏技
  • ホテル京阪京都の料金、レストラン、美濃吉のクチコミ
  • 東京ディズニーランド周辺の格安ホテルの口コミ
  • 大阪スパワールドの世界大温泉ってどうなの?

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の加入目的とは?

    生命保険に加入する際は、その生命保険がどんな目的に対するものなのか、ハッキリさせよう。

    残された家族に対するものであるのか、貯金を目的にするものなのか、病気をした時の医療費に対するものなのか、と云う事である。

    一家の大黒柱が他界した時の経済的な危険度に対するものであれば他界保険に加入する事に成る。

    長生きしたケースの場合の老後資金に対するものであれば養老保険に、病気やケガで高額の医療費が必要となった時に対しては医療保険に加入する事に成る。

    多種多様な生命保険が有るが、どの保険に入るかは独身者か既婚者か、扶養家族は何人いるのか、貯金はどのくらいあるのか等、多種多様な条件に拠って変わってく。

    全部の保障をカバーしようとすると毎月の保険料はたいへん高額なものになる。

    その為、生命保険に加入する前に自身のライフスタイルをよく考慮して、どんな保障を求めるのかをハッキリさせよう。

    例を挙げると、一生独身で通す人や、夫婦共働きで子供のいない人達には他界保険は必要ないかも知れない。

    扶養家族がいない人は医療保険や老後の資金を目的とした養老保険等が良いとおもう。



    生命保険は万が一に準備するものである。

    逆の言い方をすれば、これが生じる事は途方もなく確率が低いものとなる。

    あらゆる危険度を考慮して、保険に加入していると保険料はいくらあっても足らない。

    高額の危険度に対しては保険で対応し、それ以外の危険度の対しては貯蓄で対応すると云うのも1つの方法であるとおもう。





    [PR]
  • バランスボールの使い方や値段等
  • ヒルズダイエットの感想と評価
  • 渋谷にあるヨガ教室の口コミ
  • 池袋にあるヨガ教室の口コミ
  • 沖縄パッケージと地域限定パッケージ等

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の保険料とは?

    生命保険の保険料が高く、毎月の保険料が家計に大きな影響をあたえている人はおおくいるとおもう。

    生命保険の保険料がきつくて家計が苦しいと云う事は[保険貧乏]と呼称されている。

    保険貧乏にならない為には、どんな点に注意すれば良いのだろうか。


    基本的な姿勢やポーズとしては、生命保険は最低限度の保障をカバーするものとし、余裕の資金は貯蓄やローンの返済にまわす事であるようである。

    そもそも生命保険はお金の無い人が、万が一の事態に準備しておく保障システムである。

    貯蓄が充分にあり、いざと云う時にもそのお金でまかなえるのであれば、生命保険に加入する必要はないからである。


    一般的な生命保険の支払い額は、月収の10パーセントはら15パーセントぐらいが水準と云われている。

    この範囲内で無理をしないで選定したらどうだろうか。


    生命保険は若い時に加入したほうが保険料は安いと云われる。

    終身保険等では、払い込み総額や毎月の保険料は年齢に拠って大きな差がでてくるようである。

    しかし、保険の種類に拠っては若い時から加入すると払い込み総額がおおくなる事もあるようであるので注意が必要である。


    医療保険は中高年になってから加入すると、健康状態に拠って多額の保険料がかかるケースも有る。

    しかし、定期保険等のように多額の保障を目的としたものは結婚してからでも遅くないだろう。

    保険料が安くても必要の無い保険を買い付ける事はないとおもうし、保険料が安いのであれば必要な期間に必要な保障額だけ加入すれば良いのである。





    [PR]
  • ヘリコプターでナイトクルージングをエンジョイする
  • グリコプロテインの売上と注意点
  • 寒天やこんにゃくとダイエットデザート
  • スレンダーシェイパーの口コミと感想や効果
  • ウォーキングの服装と歩き方の基本とは?

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険で必要な保障額とはいくらか?

    生命保険で必要とする保障額はいくらだろうか。

    生命保険に加入する前に万が一の事態が生じた時に必要とする金額を計算しておいたほうがよさそうである。

    家計を支える一家の大黒柱が他界したあと、残された遺族が生計を立てる為に必要な金額が保障額に成る。

    例を挙げると5000万円の生命保険に加入していても、残された遺族が3000万円しか必要としないのであれば、2000万円分の保険料はムダに支出する事になる。

    このような無駄な支出を制御する為に、概算の必要金額は計算しておきたいものである。


    一家の大黒柱が他界したのち、其の後の生活費や子供の教育費を計算し、その金額から貯蓄や収入金額、遺族年金等を差し引いた金額が必要金額となってく。

    意外とと認識されていないのが遺族年金と呼称される公的な保障である。

    遺族年金には遺族基礎年金、遺族厚生年金、妻の老齢年金、中高年寡婦年金等が有る。

    18歳未満の子供がいるケースの場合、子供が18歳に成るまで遺族基礎年金が支給される。

    厚生年金に加入していれば、遺族厚生年金を受け取る事も出きる。

    遺族厚生年金は平均報酬金額に拠って支給額が違ってくが、社会保険事務所に足を運ぶと遺族厚生年金の金額を計算してくれる。

    保障額の計算に遺族年金を計算に入れるのと入れないのでは、保障額が大幅に違ってく。


    また、公的な医療保険では、1ヶ月に同じ病院に支出した治療費用の自己負担分が多額になったケースの場合、高額療養費制度も有る。

    医療保障は公的な保険制度を活用すると云う考え方もあるのである。





    [PR]
  • 画像編集ソフトランキング
  • 画像編集フリーソフトJTrimと縮小専用のもの、GIMP等
  • 漢字フォントを無料でフリーダウンロード
  • ボーリングシャツの価格、ブランドと基本的なデザイン
  • マジックキングダムクラブと東京ディズニーリゾートや東京ディズニーランド

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫ライフプランを元に生命保険を選定しよう

    必要とされる保障額は当然の事ながら、人に拠って違ってく。

    同じ年齢であっても、独身で親と同居している人と、妻と子供がおり、家賃を支出している人とでは必要とされる保障額も違ってくるのはあたりまえである。

    生命保険の本来の目的は、万が一の事態がおきた時に経済的に困らない為に加入するものである。

    その為、目的や必要な金額が確実に為っていれば必要な生命保険を選定する事は簡単である。

    しかし、このような目的や必要金額が把握出きていないケースの場合、思いもよらぬ生命保険に加入してしまう事に成るので注意が必要に成る。

    生命保険に加入する時に、保険会社に加入の目的や必要金額をハッキリ伝達しないと、不必要な特約が付いてしまったり保険金額が大幅になってしまったりするケースもあるようである。


    また、生命保険はアフターケアの必要な製品であると云う認識をもった方が良いようである。

    生命保険は30年近く、人に拠ってはそれ以上にわたっての保障を買い付けるものであるが、1度買い付けてしまうとそのままでいい、と云うものじゃないのだ。

    長い期間中にライフスタイルや世の中の情勢、景気の動向等も変化していくはずである。

    結婚や子供の誕生、子供の進学や独立等の生活環境も変化していく事だろう。

    このような変化に合わせて生命保険も見直しが必要となってくるのである。


    保険は若い時に加入した方が良いと云われているが、若い独身者が高額の他界保険に加入する必要はあるのだろうか。

    このような必要はないとおもうし、あれこれと特約の付いた保険に入る必要もないだろう。





    [PR]
  • CDレコーダーの使い方や価格と最安値、著作権等
  • ipodnano第2世代の画像と動画、そしてカバーやケース等
  • SONYの液晶テレビBRAVIAとシャープのAQUOS(アクオス)の比較
  • アストロプロダクトの人気工具はジャッキや衝撃レンチ、コンパウンド、バキュームゲージ
  • サンヨーテクニカの人気製品は、スターボ(starbo)、エンジンスターター、レーダー

  • カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫独身者におすすめの生命保険とは?

    若い独身者であれば、生命保険の必要性を実感している人は多くはないかも知れない。

    自身に何かあったとしても経済的に困窮する扶養家族もいないからである。

    その為、生命保険に加入する際には、保険会社の担当者に進められるままに、自身に向いていない生命保険であっても入ってしまう事もあるようである。

    独身者で、将来に対するライフプランがみえてこない状況であっては、自身に合う生命保険を選定するのはむずかしいのかも知れない。


    若い独身者におすすめの生命保険は、将来の基礎を作成する終身保険であると云われている。

    若い人であれば、月々の収入もおおくない事が予測されるので、支払いに無理のない範囲で加入すると良いだろう。

    将来、結婚や子供の誕生等のライフスタイルの変化に合わせて、保険料を増額していくのである。

    仮に生涯にわたって独身であるならば、解約返戻金を老後の資金に回す事も出きる。


    保険料の支払いに無理がないのであれば、単体の医療保険に加入してもいいとおもう。

    保険料の支払いに無理があるようであれば、終身保険に医療保険の特約を追加すると云う方法も有る。


    多種多様な特約についた複雑な保険であると、将来保険の見直しが必要となった時に熱望どおりの見直しが出きない事もあるようである。

    その為、生命保険の必要性を実感しないうちは終身保険に医療保険を追加した形で充分だろう。


    自営業の人は健康保険による保障が多くはないので、医療保険の保障を厚くしておく事をおすすめする。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫結婚してから生命保険を改善する方法とは?

    おおくの人が結婚してから生命保険の必要性を実感するとおもう。

    この時、今までから生命保険に加入していたならば、見直しが必要となってく。

    基本的な考え方は、家計と保険料の釣り合いを上手にとる、と云う事であるとおもう。

    つまり、支出する保険料と必要な保障額をよく考慮して保険を見直さなくてはならない。

    余分な保障は取り除き、足りない保障をフォローする事が必要になってく。

    また、姓が変わるので生命保険会社に名義変更届けを提出する必要が有る。

    保険受取人も両親から妻や夫に変更する事も必要である。


    結婚してから初めて生命保険に加入すると云う人でも、基本は独身者と同じで終身保険に医療保険を追加すると云う事である。

    妻が専業主婦であるようなケースの場合、夫の他界保険金を厚くしておく事をおすすめする。

    終身保険で他界保険金を厚くすると保険料が高くなるので、家計的に辛いのであれば定期保険で増額すると云うのも良いのかも知れない。


    妻が専業主婦であるようなケースの場合、他界保険金はあまり必要じゃないとおもうので、貯蓄を兼ねた養老保険に加入すると云うのも1つの方法である。

    また、専業主婦であれば医療保険にも加入しておこう。

    この時、夫の家族特約で医療保険に加入すると云う方法も有るが、これであると夫が他界したケースの場合に妻の保障も消滅してしまうので注意が必要である。

    家計に余裕があれば、保険料の安い若いうちに単体の医療保険に加入しておく事をおすすめする。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫子供が誕生してからの生命保険とは?

    子供が誕生したら、子供の教育費用の事も考えなくてはならない。

    また、この頃になれば住宅ローンを抱いている人も少なくないのじゃないだろうか。

    こういった具合に、教育費用や住宅ローン等が家計に大きな負担をかけてく。

    その為、生命保険を改善する事が必要になってく。

    生命保険に於いては日常の生活に支障をきたさない保険料で、各家庭に合った保障を得る事が必要となってくるのである。

    子供が誕生して、将来独立するまでの間の保障は定期保険で増額する事をおすすめする。

    どのくらいの保障額を増額するのかは、子供の進路に拠っても違ってくが、1人あたり1500万円の増額が水準と云われている。

    また、妻が家計の一部を負担しているのであれば、その所得分も定期保険に加入しておこう。

    子供が誕生してからの生命保険の基本形は、独身時代に加入した終身保険と医療保険に定期保険を上乗せした形となる。

    定期付き終身保険を選定する方法も有るが、将来見直しが自由に実践する事が出きるかどうか、あらかじめ確認しておく事が必要に成る。

    終身保険と定期保険を単体で組み合わせておけば、将来のライフスタイルの変化に合わせて自由に見直しが出きるので、こちらの方が良いだろう。


    子供の教育費用を貯蓄する為に、こども保険や学資保険等もおおく活用されている。

    しかし、金利が低いため、長期間にわたって低金利で資金を長期間にわたって固定してしまうのは不利であると云う考えも有る。

    このような考え方であれば、子供に対する貯蓄は保険以外の方法を考慮した方が良いかも知れない。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫子供に加入させる生命保険とは?

    子供は親に扶養されているので、生命保険として他界保険に加入する必要はないとおもう。

    ちっぽけな子供がいる家庭では、子供を扶養する親の生命保険の保障を厚くする事をおすすめする。


    子供を被保険者とする子供保険に親の他界時や、高度障害が残った時に育英年金が付いているタイプが有るが、このタイプには注意しなければならない点が有る。

    育英年金は年金受け取り時に相続税の対象となるほか、毎年受け取る年金が[雑所得]として住民税と所得税の対象となる点である。


    子供の生命保険を考慮する際、他界保険は必要ないのだが、高度障害を抱いてしまった時の備えをしておこう。

    高度障害になったケースの場合、経済的な負担は大幅に成る事が予測されるので、医療保険や傷害保険に加入するのはどうだろうか。

    子供保険には高度障害に対する保障が付いていないものも有るので注意してほしい。

    医療保険は親の生命保険に[家族特約]で付ける事が出きるケースの場合も有るので確認してみるべきだ。


    どうしても子供を生命保険に加入させたい時は、将来子供に引き継ぐ事を大前提とした終身保険に加入すると云う方法も有る。

    子供自身を契約者として早い段階から終身保険に加入すると保険料は途方もなく低く制御する事が出きるはずである。


    子供は日常生活の中でケガが少なくないとおもうので、損保会社から販売されている[傷害保険]もおすすめである。

    この保険で病気やケガによる入院等に準備してみてはどうだろうか。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫共働き夫婦におすすめの生命保険とは?

    共働き夫婦が生命保険に加入するときのポイントはどこにあるのだろうか。

    共働き夫婦における生命保険の基本的な考え方は、独身時代と同じで良いようである。

    妻にあるレベルの収入があるケースの場合、夫の他界保障を厚くする必要もないようである。

    夫、妻の両方とも終身保険に加入して老後の資金に対する備えをすると共に、医療保険に加入してケガや病気に準備するのである。

    子供がいる家庭では、子供の小さい一定期間は、おのおのが定期保険に加入して保障額を厚くしておいた方が良いかも知れない。


    必要以上の保険に加入して高額は保険料を支出するよりも、保険料を最低限に制御して、貯蓄額を増やした方が良いとおもう。

    介護保険や個人年金保険等は若い共働き夫婦にはあまり関係のない保険となってく。

    このような保険は老後が接近してきてから加入しても遅くはないのであるし、貯蓄額が充分にあれば、それを老後資金に充ててもいいとおもう。


    保険料が割安と云われている保険に[夫婦連生終身保険]と云うものが有る。

    この保険には3種類のものが有る。

    まず、夫婦どちらかが他界した時に保険金が支出されるタイプである。

    そして、夫婦どちらかが他界すると保険料が支出されるが、そこで保険契約が消滅するタイプも有る。

    また、夫婦どちらかが他界しても保険金か支払われずに、もう他方が他界した時に初めて保険金が支出されるタイプも有る。

    どれも保険料が安いとい事じゃないようであるので、選定する時は注意が必要である。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫40歳からの生命保険とは?

    結婚から始まり、子供が誕生して進学するように成ると、教育費用もかかるように成る。

    年々家族に対する責任が増していく事から、40歳くらいの人は生命保険の保険料をおおく支出している事とおもう。

    しかし、40歳くらいから子供の成長に合わせて生命保険も改善していかなくてはならない。

    子供が高校生くらいになれば、将来必要とされる教育費用もみえてくる事だろう。

    この時、高額の他界保障は必要なくなってく。

    子供の為に加入した定期保険は解約し、その保険料を貯蓄に回す事をおすすめする。

    長期の定期保険であれば、解約返戻金が支出されるタイプもあるようである。


    終身保険等、貯蓄性のある保険は解約してはいけない。

    解約返戻金のある終身保険は自身の老後を支える資金となる財産となるので、途中解約はおすすめ出きない。

    途中で契約を転換すると今まで培ってきた長所が消滅してしまう。


    老後への備えとして個人年金保険に加入する人もでてくる。

    個人年金に加入する際は、保険料の支払いに無理が生じないように注意してほしい。

    個人年金に加入する代わりに貯蓄して、子供が独立後に、その資金を頭金として個人年金保険を買い付けると云う方法も有る。

    子供がおらず、夫婦ふたりだけであるならば、終身保険を増額して老後に準備する事も良いだろう。


    基本的な考え方は、子供への保障から自身の病気や老後の保障へとポイントをシフトしていく事にあるようである。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫50歳からの生命保険とは?

    50歳くらいに成ると子供が独立する事がおおくなるので、妻の生活保障以外は必要なくなるとおもう。

    50歳からは老後をむかえる準備に入ると云う事で、余分な他界保障を老後資金に回す転換期となるのである。

    その為、子供が独立した時点で生命保険を改善する事が必要になってく。

    生命保険を改善する時のポイントは、余分な他界保障を削り、その保険料を医療保険に回したり、老後のための貯蓄に回したりする事にあるようである。

    終身保険は、解約返戻金を原資として個人年金として受け取る事が出きる。

    この原資が大きければ大きいほど長期間にわたって年金を受け取る事が出きる。

    終身保険から個人年金保険への切り替えを考慮している人は、解約返戻金がどのくらいで、年金受給額がいくらくらいに成るのか確認しておこう。

    ただし、終身保険から個人年金保険に切り替えた時点で他界保障が消滅してしまう事は頭に入れておこう。


    金利の低い時期では個人年金保険の長所は薄いようである。

    個人年金保険のような貯蓄性の高い保険は、金利の低い時期に加入しても利回りが悪いからである。

    金利の動向等、社会の情勢に合わせて個人年金保険に加入する事をおすすめする。


    定年まで待って、退職金を使用して個人年金保険に加入する方法も有るので、あせって個人年金保険に加入しないように注意しよう。

    老後に対する備えは個人年金保険ではなく、貯蓄でまかなう方法もあると云う事を考慮してほしい。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫60歳からの生命保険とは?

    60歳から生命保険を考慮するケースの場合、保険を貯蓄代わりにしようとする考え方はもたない方が良いようである。

    生命保険を活用して老後に準備して貯蓄をしたい時、現状のように金利が低いケースの場合は貯蓄性が途方もなく低いものになるからである。

    60歳からの生命保険は他界保障ではなく、医療保険を中心として考えよう。

    年齢が高くなると、同じ病気にかかったとしても若い時に比較して療養日数が長引く事が予測される。

    入院したとしても、若い時に比べ入院期間が長引いてしまうのである。

    その為、長期の入院に準備した総合医療保険に加入してみるのはどうだろうか。

    しかし、60歳台から総合医療保険に加入しようとすると、保険料が高額なものとなる。

    保険料を安く制御したいのであれば、損保会社から販売されている医療保険がおすすめの保険となってく。

    契約で定められた範囲内であれば、入院にかかった費用を保障してもらえる。


    入院に対して保険で準備すると云うのではなく、貯蓄で準備すると云う方法も有る。

    例を挙げると100日入院したとすると、1日5000円の保険であれば50万円支出される事に成る。

    保険料を支出したつもりで毎月15000円貯蓄すると、3年もかからずに50万円を貯める事が出きるのである。

    200万円近く貯蓄があるのであれば、わざわざ保険料を支出して入院に準備する必要はないとおもう。


    ガン等は医療費用が高額となってくるので、保険で準備する事をおすすめする。

    ガン保険単体であれは保険料も安く済むはずである。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の得する組み合わせとは?

    生命保険は、加入しようとする人の生活環境や年齢、将来設計等に拠って違ってく。

    人に拠って必要とする生命保険の種類はちがってくるのである。

    その時の状況に応じて、自由に設計や見直しが出きる生命保険を選定しておきたいものである。

    損をしない生命保険の選定ポイントはどこにあるのだろうか。

    まず、保険は単体で買い付けた方が良いようである。

    他界保障と医療保障を基本に必要な保険を単体で買い付けていくのである。

    定期付き終身保険等は、初めから特約がセットされているケースの場合がおおく、このような保険では後になって自由に改善する事が出きない。

    対して、保険を単体で買い付けると保険料が若干割高なものになるが、必要な時に必要なだけ買い付ける事が出きる。

    また、必要でなくなれば解約する事も簡単である。


    若い時に貯蓄性の高い終身保険に加入し、必要な時に保障を買い足しながら、その終身保険を老後まで守っていくと云う方法が1番有利な保険の買い方であるようである。

    多種多様なタイプの保険が市場に出回ってるが、若いうちに加入した終身保険は解約してはいけない。

    若いうちに加入した終身保険は月々の保険料が安い、解約返戻金がおおく貯まる等の長所が有るので、安易に解約しないで守ろう。


    特約は安価な保険料で加入出きる長所が有るが、期限付きのものが殆どであるので、期限切れに注意してほしい。

    入っていたつもりが実は期限が切れており、保障が受けられないと云うケースもあるようであるので保障期間は1度確認してみるべきだ。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の見直しにかんして・・・パート1

    生活環境が変化すると必要な生命保険の種類や金額も変化していく。

    結婚や子供の成長等に合わせて生命保険を改善してみるべきだ。

    それでは、いつ改善すれば良いのだろうか。

    生命保険の契約期間は途方もなく長期にわたる。

    10年や20年の単位で考慮していくと、初めに考慮した保障内容がそぐわないケースもでてくる。

    このような時、必要な保障を追加したり不必要な保障を解約したりするのである。

    ちょうど子供の成長や家族構成の変化に合わせて家のリフォームをするようなもので、保険もリフォームが必要であると云う事である。

    結婚や子供の誕生、転職や住宅の購入時等は生命保険の内容を改善するチャンスじゃないだろうか。

    毎月の保険料の支払いが負担になってきた時や、更新型の保険における更新時も見直しのチャンスとなるはずである。

    計画的に生命保険に加入したつもりでも、全部が計画どおりに進むとは限らない。

    ライフプランを変更した時は保険の内容も変更する事が肝心であるとおもう。


    若いうちに保険会社のセールスに進められるままに保険に加入した人も内容を1度確認してみる必要があるのじゃないだろうか。

    保険証券を1度じっくり詠み、自身のライフスタイルに合った内容であるかどうか点検するのである。

    余分な保険料を支出している可能性も有るし、必要な保障に達していない可能性も有る。

    おおくに人は専門知識をもたない為に、保険証券の内容を全部把握出きない。

    このような時は承知いくまで保険会社に質問しよう。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の見直しにかんして・・・パート2

    生命保険を改善する際は、約款に目を通したり生命保険会社と交渉したりと、多少の手間はかかってく。

    生命保険は保険会社の対話窓口を通して実践する事に成るが、その前に約款や契約にしおり等で保険内容にかんしてあらかじめ把握しておく事も肝心である。

    約款とは生命保険の契約から保険料の支払いまでの決まりが細かく記述されているもので、契約のしおりとは、その中から重要な部分をピックアップしたものである。

    このような文章は途方もなく分かり難く記述されている。

    定期特約の付加や増額等、保険会社にとって有利となる部分にかんしては思ったより把握出きやすい文章で記述されているようである。

    しかし、定期特約の解約や減額等、保険会社にとって不利となる部分にかんしてはよく詠まないと探し求める事ができない、と云うような約款もあるようである。

    保険内容の見直しにかんしては、保険会社の営業担当者に直接交渉して改善する事が出きれば1番手っ取り早い方法である。

    しかし、契約者の質問に対して、正確に回答出きる知識をもった営業職員は途方もなく多くはないと云われている。

    契約者にとって不利となる契約を勧めたれたりするので、保険会社の対話窓口へ直接問い合わせたほうが安全と云える。

    対話窓口の担当者はパソコン端末で契約内容を確認しながら、質問に対して回答してくれるはずである。


    契約内容の変更にかんしては、すんなり進むケースもあれば、なかなかどうして進まないケースもあるようである。

    [出きない]と云われたり、営業職員が自分の家を訪ねてきて[説得]されたりと難航する事もあるようである。

    しかし、説得に対しては毅然とした態度で臨み、自身の意思をハッキリと伝達する事が肝心であるとおもう。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険を減額する方法とは?

    生命保険の保障内容を変更する際、保険期間中に保障額を減額する事を中途減額と云う。

    中途減額は、生命保険の会社に拠ってちがうが加入後1年から2年くらい経ってから保障額を減額する方法で、更新時でなくても減額する事が出きる。

    現状加入している生命保険に一部を解約し、保障される金額を減少させると云う方法である。

    保障金額を減少させる事により、毎月の保険料を制御する事が出きるのである。

    保険料の負担が家計的に大きかったり、他界保障が厚すぎたりした時にこの方法と使用しよう。

    定期付き終身保険を中途減額するケースの場合は、定期保険である特約部分を解約や減額したりして主契約である終身保険は残すようにしよう。


    他界保険を減額するケースの場合、保険の種類や生命保険会社に拠って定められている最低加入限度額に注意しなければならない。

    なぜなら、最低加入限度額を超越してしまうような減額は出きない仕組みに為ってるからである。

    また、定期保険や終身保険を減額してしまうと、特約として追加されている医療関係の保険も減額されてしまう事もあるため注意したいものである。

    しかし、入院保険が8000円から5000円に減額されてしまったとしても、健康保険等の公的な医療保険の事を考慮すれば、危険度への対策としては充分であるとおもう。

    この時、医療保険を充実させたければ、単体の医療保険に加入する事を吟味してみてはどうだろうか。


    ガン保険等、懸念される病気に限定して保障をつけると云う方法も有る。

    このような方法であれば、毎月の保険料は低く制御する事が出きる。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険を増額する方法とは?

    生命保険の保障金額を大幅にして危険度に対する備えをしたい時は、保険金を増大させる事が出きる。

    生命保険の中途増額制度を活用すれば、保険期間中はどんな時であっても変更出きるようである。

    定期付き終身保険であれば、主契約である終身保険、特約部分の定期保険どちらでも増額する事が出きる。

    増額した分の保険料は、その時の契約者の年齢と保険料率に拠って計算される。

    また、保険金を増額する時には新たに診査と告知が必要になってく。

    中途増額制度の特徴点として、増額した部分の保険金はアップしても他の部分は増額前と変わらない、と云う事が有る。

    その為、金利の高い時代に加入した終身保険を増額したい時は、1度解約して加入し直すよりも中途増額制度を活用して増額するほうが、はるかに有利と云う事に成る。


    子供が誕生し、独立するまでの一定期間に限って保障金額をアップさせる人が少なくないようである。

    このようなケースの場合であれば主契約の終身保険でなく、特約である定期部分の保険金を増額させると良いだろう。

    特約での増額であれば保険料は低く制御する事が出きる。


    他界保障を増額するケースの場合、生涯にわたって必要な保険であれば終身保険を増額すると良いだろう。

    しかし、子供の養育期間のみ必要な保障であれば、定期保険部分を増額する事が基本的な考え方であるようである。

    生命保険会社に拠って増額の条件も違ってくるので、あらかじめ保険会社に問い合わせて方法を確認してみるべきだ。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫生命保険の特約を改善する方法とは?

    生命保険には、多種多様なタイプの特約を付ける事が出きる。

    生命保険加入時に、保険会社の外交員に進められたまま、内容を詳しく把握しないまま加入してしまった人も少なくないとおもう。

    生命保険の特約を選定する時には、保障内容をよく確認してから、本当に必要な特約に加入するようにしたいものである。

    特約は主契約の保障をフォローするもので、疾病関連、傷害関連、災害関連等が有る。


    災害関連の特約にかんしては、見直しは簡単に出きるようである。

    災害に遭遇する確率は加入者の年齢には関係ないので、診査や告知も必要ないのだ。


    傷害特約も100万円単位で増額したり付加したり出きるようである。

    ただし、主契約の保険金額を超越する事は出きない。


    疾病関連の特約を付加したり増額したりする際は、見直し時に診査や告知が必要となってく。

    この時に保険料は、見直し時の年齢ではなく、加入時の年齢で計算される。

    その為、加入時から見直し時までの差額保険料を責任準備金として一括もしくは保険料に上乗せして払わなくてはならない。

    責任準備金の金額に拠っては別の医療保険に単体で加入したほうが、保険料を安く制御する事が出きるケースもあるので、吟味が必要になってく。


    医療保険には多種多様なタイプがあり、どれでもいいから加入しておけばいい、と云う気持ちに成る。

    しかし、健康保険等の公的な保障も有るので、その事も頭にいれて吟味しよう。

    入院給付金は、サラリーマンであるならば1日あたり5000円で充分じゃないだろうか。



    カテゴリ
    タグ

    ≪生命保険≫別の会社で生命保険に加入する方法とは?

    生命保険の見直しを行ったにもかかわらず、自身に合った生命保険にリフォーム出きない時もあるようである。

    このような時は他の保険会社にも目を向けてみるべきだ。

    通常は現状加入している生命保険会社を中心にして設計し直する。

    しかし、加入している保険会社に自身のニーズに合致する保険がないケースの場合や、加入している保険の中途増額や減額が上手にいかない時も有る。

    複数の生命保険会社で、複数の生命保険に加入する事は途方もなく面倒な事であるようにおもう。

    しかし、考え方に拠っては、保険の種類や保障ごとに複数の生命保険会社の加入する事は、保険会社が破綻する危険度に対する備えに成るのじゃないだろうか。

    また、保険の種類ごとに会社を分けておけば、製品特性が途方もなくシンプルなものになり、将来改善する時もスムーズにいくかも知れない。


    各会社の保険内容を確認したい時は、金融雑誌等の記事や広告で吟味してみるべきだ。

    詳細に知りたい時は各会社に資料請求を実践する事に成るが、[資料は郵送で送ってもらう]事が肝心であるようである。

    そうしないと保険会社の外交員が自分の家を訪ねてくる事もあるようである。


    終身保険や養老保険、定期保険等の保険の種類にかんしての対話や、どんな保険があるのか知りたい時が有る。

    このような時は[生命保険協会]や[生命保険文化センター]等に問い合わせてみるのも良いだろう。

    一般的な質問や対話を中立的な立場で受け付けてくれるようである。



    カテゴリ
    タグ
    このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
    Copyright © 旬な話題のカタルシス All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。