日記のカテゴリ記事一覧

旬な話題のカタルシスでは、医療や美容、芸能とテレビ、スポーツや 政治経済などジャンルを問わずいろいろな話題をお届けしています。

カテゴリ:日記

≪生命保険≫生命保険をリストラするとは?

生命保険の会社であっても、いつ破綻するかは把握できない。

複数の会社の生命保険に加入する事は、生命保険会社の破綻と云う危険度に準備する為に途方もなく適切な方法であると云える。

計画的に分散させておき、どこの保険会社でどんな保険に加入しているかを充分に把握しておけば保険の見直しもスムーズに進むはずである。

しかし、計画的に分散させたのではなく、保険会社の外交員に勧められて、充分に吟味しないで加入し、結果的にいくつもの保険会社で複数の保険に入ってしまったケースの場合は、見直しが必要だろう。

余計な保険に加入していないかどうか点検し、余分な保険に加入している人は生命保険のリストラを実践する事をおすすめする。


この時は、他界保険金や入院給付金等を合計し、トータルの給付金で改善すると良いだろう。

つまり、トータルで計算して保障額が大きすぎるケースの場合、解約しても惜しくない保険から解約したり減額したりするのである。

子供保険に付加されている他界保険金や医療保険等は見落としがちであるが、これらの保障は父親の終身保険を厚くする事で対応出きる。

また、医療の特約が家族型に為ってるケースの場合、妻や子供に対する給付金の金額を確認してみるべきだ。

あまり高額な給付金は必要ないとおもう。


金利が高かった時代に加入した終身保険や養老保険等は継続して加入するようにする。

予定金利が高かった時代に加入した保険は、保険料が割安に為ってるためである。

高利回りの金融製品を保有しているのと同じであるので、解約等は敬遠するべきである。


安い保険料の保険であっても、不必要な保険であれば思い切ってリストラしてみるべきだ。

多少なりとも毎月の保険料を制御して、家計を助けたいものである。



カテゴリ
タグ

≪生命保険≫生命保険の免責事由とは?

生命保険に加入している被保険者が他界しても、その理由に拠っては生命保険が活用されず、保険金が支出されない時が有る。

生命保険会社が保険金を例外的に払わなくても済む理由を[免責事由]と云う。

免責事由は各会社の約款に記述されている。

そもそも免責事由は、保険制度が悪用されたり、破綻したりしないように定められたもので、犯罪や災害、戦争等特殊な条件下での他界に限られてく。


例を挙げると被保険者の自殺が有る。

契約日から1年以内の被保険者の自殺に対しては、保険金は支出されない。

また、保険金殺人等保険金受取人が、保険金を受け取る事を目的に被保険者を殺害したケースの場合も同様である。

地震や噴火、津波等の天災による他界、革命や戦争等多量に他界者がでるようなケースの場合も保険金はでない。

ついでに、5000人以上が亡くなった[阪神大震災]では保険金が全額支出された。


精神障害や泥酔の状態を原因とする他界、無免許運転や酒酔い運転による他界も免責事由が活用される。

また、死刑による他界にも保険金は支出されないようである。


生命保険に加入する際は[告知]を実践する。

この時、病歴や健康状態にかんして虚偽の申告をしたケースの場合、告知義務違反と云う事で保険金はでません。

保険料の支払いが滞納し、猶予期間までに保険料を払い込まない時も免責事由に成る。


保険金の受け取りにも時効が有る。

保険金は被保険者が他界してから2年以内に請求しないと時効になってしまい、保険金を受け取る事はできなくなる。



カテゴリ
タグ
このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © 旬な話題のカタルシス All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。