アメリカの動物病院の話である。
りっぱな動物病院である。
通常に観ると動物病院ではなく、人間の病院とおもってしまう程であるためす。
スタッフの数も充実しているし、設備や建物もりっぱである。
アメリカ人の動物に対する考え方がどうなのかは把握出きない。
しかしながら、日本には人間用の病院と間ちがえるような動物病院はないのだ。
規模がちがうのである。
アメリカでは各地域に動物病院が絶対にあるそうである。
勿論、24時間体制である。
日本では動物の飼い方を巡って、隣人とトラブルに成る事も有る。
アメリカのケースの場合はペットを飼ってはいけない住宅と云うものがおおくはないのかも知れない。
家も全体的に広いのであるから、ペットは当たり前だろう。
つまり、動物病院の需要が高いのである。
病院内の設備もりっぱである。
レントゲン等の医療機器やペット1匹ずつのカルテの保管棚等、どう観ても人間の病院である。
ここで活動している人達も充実しているようである。
動物が好きだろう。
アメリカのケースの場合は国が広いのであるから、犬や猫だけではなく、珍しい動物も動物病院に連れてこられるのかも知れない。
興味があるならば、アメリカの動物病院のホームページが有るから覗いてみないだろうか。
アメリカの事情はりっぱであるが、日本での状況がそれほど悪いわけじゃないのだ。
近くに動物病院があれば、予防接種等を受けさせる事は充分に出きる。
24時間体制の動物病院はおおくはないのであるが、近頃は次第に増大してきているようである。


PR

専業主婦の不眠症改善方法