動物病院を開業したいとおもってる人に、その方法にかんして案内しよう。
勿論、獣医としての技術や開業のための資金は当然の事であるが、動物病院の開業に限った特別な事情も気付いておかなければならない。
まず、開業する時には計画を立てなければならない。
どのような動物病院をつくりたいのかを考慮する事である。
そこにはどれくらいの患者となる動物がやってくるのか、売上はどれくらいが見込めるのかを考慮する。
飼い主が何を求めて、貴方の動物病院にやってくるのかをイメージして欲しい。
その求めに応えられる設備や体制が大事だからである。
高価な医療器具を揃えようとすると、資金はいくらあっても足らない。
その器具が必要かどうかは、イメージする患者に拠ってちがうのである。
そのイメージができあがったら、動物病院としてのスペースや入院設備等がみえてくるのである。
具体的な病院の建物の計画が進められるのである。
当然ながら、必要な資金も途方もなくの精度で把握できてくるのである。
それだけの資金をどうやって集めるのかを考慮して欲しい。
また、スタッフがどれくらい必要かも考えよう。
スタッフの給料と自身の給料、それに対する売上を見込んで、借入金の返済計画を立てるのである。
このような考えは動物病院の開業に限った話じゃないのだ。
どのような店舗でも同じステップを踏む事が肝心である。
動物が好きだからと云う事だけで、動物病院を立てようとするのは無謀と云うものである。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。